SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

寒くても運動したい!そんな時に便利な、東京近辺の3大温水プール

このシーズンになると心配なのが、「冬太り」です。美味しいものが増えてついつい食べすぎてしまうのに、寒いので運動したくなくなってしまう…こんな気持ちになっている人も多いのでは? そんな方は、温水プールに出かけてみてはどうでしょうか?
スポーツジムなどに登録しなくても、リーズナブルな料金で楽しむことができるプールが東京にはたくさんあります。



東京体育館(JR総武線「千駄ヶ谷」駅)

営業時間
9:00~最大23:00
※日によって、開館時間は異なる

利用料金(一般)
2時間30分 600円(※トレーニングルームとの共通利用券)
1日 2,500円


千駄ヶ谷駅前にある、都の運営している体育施設にあるプールです。 この施設の魅力が、充実した設備にあります。 屋内プールは、6レーンの25メートルプールと、8レーンの50メートルプールがあります。 そんなプールで冷えた体を温められる「採暖室」がこの施設にはあるそう。他の温水プール施設ではなかなかお目にかかれません。休憩中に、冷たくなった体を温められるのは便利ですよね。
更衣室にはシャワー室も完備、女子更衣室にはエステルーム(別途料金)もあるのだとか。 思いっきり泳ぎたい時にはとても便利でしょう。



墨田スポーツ健康センター(東武亀戸線「小村井」駅、京成押上線「京成曳舟」駅)

営業時間
10:00~20:00
(休館日:毎週水曜日、年末年始)

利用料金(一般)
平日
2時間 400円、1日 700円
土日祝日
2時間 500円、1日 1,000円


全天候型室内プールとして、都内でも有数の規模を誇ります。 壁面がガラスになっており、太陽の光が眩しい!まるでリゾートホテルのように美しい、設備も整ったプールです。 25メートルプール以外にも、流水プールや全長50メートルのウォータースライダーまで備わっているのは魅力的!
しかも、毎月25日はプールが無料開放されています。多くの墨田区民にも愛されている温水プール施設です。



東京辰巳国際水泳場(東京メトロ有楽町線「辰巳駅」)

営業時間
平日・土 9:00~22:30
日・祝日 9:00~21:30
(休館日:毎月第三月曜日、年末年始)

料金
時間無制限 600円


日本選手権や国際大会など、名だたる大会がたくさん開催されている、“聖地”としても知られています。 大会で使用されている日以外は、一般にも公開中。なんと、時間無制限なのに600円という破格の料金で利用することが可能だそうです。普段はあまり水泳をしないという人も、いつも泳いでいるという人にも楽しんで使用できる施設と言えるでしょう。 目玉はなんといってもダイビングプール!
ですが、利用するのにはこの水泳場が発行しているライセンスが必要になるそうです。

水着はもちろん、スイムキャップも忘れずに持っていきましょう!

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP