SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

帰省する時に、家族や友人に喜ばれる人気の東京土産5つ

シェアハウスから実家に帰省する際に、お土産は必須ですよね。しかし、東京土産って何がいいんだろう?と悩む人も少なからずいるようです。できるならば、あげる人が喜んでくれるような東京限定のお菓子を買って帰りたいですよね!
それでは、絶対に外さない東京土産をチェックしておいて、家族や地元の友人が喜んでくれそうな商品をチェックしておきましょう!



シュガーバターサンドの木

シュガーバターを練り込んだシリアル生地に、ホワイトチョコレートをサンドしたお菓子です。サクサクとした歯ごたえと、ほろりと溶けるホワイトチョコの豊かなハーモニーが楽しいお菓子です。普通のクッキーではお土産に物足りないという人にはオススメでしょう。箱がかわいらしいので、女性の友人や姪っ子、甥っ子へのお土産に喜ばれそう。「美味しい」と評判のお菓子なので、取り合いにならないように多めに購入してもいいかもしれません。
東京駅の構内以外にも、上野駅や品川駅でも購入ができるそうです。



東京ラスク

サクサクとした歯ごたえが魅力のラスクですが、「東京ラスク」の魅力はなんと言っても商品のラインナップの幅広さ。定番のサクサクラスクから、期間限定の珍ラスクまでさまざまなラスクが揃います。ワンランク上の味わいが期待できるプレミアム・アマンドラスクや、和風の味わいが楽しめる一口サイズの和ラスクなどが人気商品です。どれを選ぶか迷ったら、詰め合わせセットを選んでみても良さそうですね。
購入できる店舗がとりわけ多く、東京駅以外でもいろんな場所で販売されています。 インターネットでも購入できますので、忙しくてお土産を買いに行く暇がないという人は、オンラインで購入してみるのもいいかもしれません。



日本橋錦豊琳のかりんとう

おじいちゃん、おばあちゃんにあげたい、絶品お菓子といえば日本橋錦豊琳のかりんとうです。生地にはなんと、国内産の小麦粉が100パーセント使用されているこだわり商品。天然酵母を木樽の中でじっくりと熟成発酵させた後に、高品質の菜種油でさっと揚げて作られています。食感も軽く、お茶うけにもピッタリ。種類も豊富なので、帰省時のお土産だけでなく、お年賀としても重宝しそう。ビジュアルも洗練されており、味も絶品。お土産として大変喜ばれそうなかりんとうです。
かりんとうの扱いは、日本橋本店ではないそうですからご注意を。その代わり、東京駅の構内で購入することができます。



ねんりん家のバームクーヘン

普通のケーキより日持ちもするし、腹持ちがいいうえに好き嫌いが分かれにくいのがバームクーヘンです。 東京土産としてとりわけ有名なのは、ねんりん家のバームクーヘンなんだとか。そのなかでも「マウントバーム」は木の幹を切り出してきたような形がなんともかわいらしく、女性からの支持率も高そうです。外側はカリッと仕上げられており、中身はしっとり。バターの風味も濃厚なので、紅茶にも珈琲にも合うことでしょう。他にも、カステラのようなバームクーヘンが味わえる「ストレートバーム」も人気です。
東京駅の八重洲中央口、羽田空港の第1ターミナルビル店などで購入可能。



東京カンパネラ

東京土産として定番となりつつある、超人気のお菓子です。 2種類のお菓子が人気商品で、「ショコラ」はチョコレート味のラングドシャクッキー、「生ショコラ」はチョコレートクリームがたっぷり入った本格的な生パイです。軽やかな味わいとなめらかな口溶けで、いくらでも食べられそう。パッケージのオシャレさも注目されています。味の素晴らしさにも定評があるので、洋菓子が好きな家族や友人へのお土産に是非どうぞ。値段が比較的リーズナブルなのも嬉しいポイントです。
東京駅、品川駅、上野駅や羽田空港などで購入できます。

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP