SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

下着の洗い方には注意が必要!シェアハウスでも知っておきたい、洗濯ポイント

洗濯をする時に、面倒だからといって全部の衣服を洗濯槽のなかに入れて、そのまま洗っていませんか?そういう洗い方をしていると、繊細な素材やデザインの洋服はすぐに傷んでしまいます。また、下着も同様です。女性の下着は非常にデリケートなもの。ブラジャーなどは型崩れしやすいし、ワイヤーが曲がってしまうこともあるため、そのまま洗濯槽に入れてはいけません。また、レースのついた下着が洋服のホックやボタン、ファスナーの金具にひっかかって破れてしまう可能性もあります。それを防ぐためにも、正しい下着の洗い方を知っておくべきでしょう。
難しいことは何もありませんが、一人暮らしの女性には必須の知識です。


下着を長持ちさせるコツとは?

洗濯機で下着を洗う時には、できればぬるま湯を使用したほうがいいそうです。もちろん、水でも問題はありません。 専用のネットに入れる前に、ブラならばホックをしっかりかけておきましょう。黄ばみを落としたいからといって、大量の洗剤を入れてもあまり効果はありません。適量を守りましょう。
なお、お気に入りの下着をその日に身につけたいからといって、急いでドライヤーで乾かすのはあまりオススメできません。素材によっては、生地が傷んでしまうこともあるようです。特に、ポリウレタンを使用している下着は気を付けたほうがいいそうです。 取り扱い表示を確認して、どういう風に洗ったほうがいいのかを確認しておくべきでしょう。

ブルーや赤といった色の濃い下着と、白い下着を一緒に洗うと、色移りしてしまうかもしれません。別々に洗うようにしましょう。


できるだけすぐに洗うことが大事

下着を洗わずに放置しておくのは、とても不衛生なことです。もし汚したまま放っておくと、生地が黄ばんでしまったり、汚れが落ちにくくなったりしてしまうことも。 もしくは、匂いがなかなか取れにくくなります。
また、汗をたっぷりかいた日もできるだけすぐ洗いたいもの。 シェアハウスだと自分の洗濯したいタイミングで洗濯機を使用できないこともあるかもしれませんが、できるだけこまめに洗いましょう。洗濯機が使用できない場合には、手洗いすることをオススメします。


まとめ洗いではなく、単独洗いで型崩れを防ぐ

できれば、他の洗濯物と一緒にまとめて洗ってしまいたいですが、そういう洗い方はプロに言わせるとNGだそうです。ブラのワイヤーが曲がってしまう、もしくは破れやほつれの原因になりかねません。できれば、下着だけで洗ったほうがいいでしょう。他のものと一緒にしないほうが得策です。 ちなみに、もしも自分のやり方と洗濯の方法を他の入居者がとったとしても、決して怒ったり、キツイ言い方で注意したりしないようにしましょう。トラブルの原因になりかねません。


一番いいのは、「手洗い」

専用の洗濯ネットに入れて洗濯機に入れてしまうのが楽でしょうが、ブラジャーや繊細な下着は、手洗いをしたほうがいいという意見もあるようです。これには型崩れを防止できるというメリットがありますが、やり方が分からないという声もあるみたいですね。 やり方は簡単です。
洗面台や風呂桶などにお湯、もしくは水を溜めて、下着をつけて押し洗いなどをしながら洗っていきます。終わったら軽く水を絞り、乾いたタオルに挟んでポンポンと軽く叩き、水分を抜いていきましょう。洗剤で洗わないとなんだか洗った気がしないという方は、もちろん洗濯機で洗ってもいいでしょう。ただ、そのままで洗わないように気をつけましょう!

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP