HOW TO & TIPS

シェアハウスのイロハ

シェアハウスと共益費

シェアハウスでは、家賃以外に「共益費」という費用を毎月支払います。
一般賃貸でも共益費や管理費といった家賃以外の費用を月々3,000~10,000円支払っていることが多いです。これはマンションを綺麗に保つための清掃費用や、エレベーターの管理費などに使用されています。
シェアハウスの共益費の中にも清掃費や管理費が含まれている他、日用品・水道光熱費・インターネット代も含まれ物件にもよりますが、月々10,000~15,000円程度に設定されています。

単純な金額だけ比較すると、シェアハウスの方が割高に感じますが、シェアハウスの共益費は値段以上に生活をするうえで様々なメリットがあるのです。




メリット①節約できる

金額だけで比較すると圧倒的に一般賃貸の方が安いですが、総合的に比較すると、実はシェアハウスの方がお得なのです。



<一般賃貸>

共益費     :3,000~5,000円
光熱費     :6,000~9,000円
水道代     :2,000~3,000円(支払いは2か月に1回なので、1,000/月)
インターネット代:3,000~5,000円
日用品代    :2,000~4,000円

計16,000~26,000円



<シェアハウス>

共益費10,000~15,000円のみ!

一般賃貸でかなり節約すればシェアハウスと同等の金額かもしれませんが、基本的にはシェアハウスの方が圧倒的にお得です。またこういったことを言うと、運営会社からクレームが来るかもしれませんが、毎月金額が決められているため、電気代・水道代は使い放題なわけです。
我慢して節約する一般賃貸より、のびのび生活して節約できるシェアハウスの方が断然いいのではないでしょうか。




メリット②支払いを運営会社に丸投げできる

一般賃貸の場合、インターネット代や水道光熱費など毎月費用がかかるものは、家賃以外に自分で支払いをしなければなりません。自動で毎月口座から振り落とされる方法をとっている方もおられると思いますが、手続きがとても面倒だと思います。
また、洗剤やごみ袋などの日用品に関して、自分でお店に買いに行かなければなりません。

しかし、シェアハウスでは家賃と共益費をまとめて払えば、あとは運営会社が光熱費・インターネット代を支払ってくれるため、わざわざ自分で支払い口座の手続きや毎月の支払いをしなくてすみます。日用品も同様に、運営会社が定期的に補充してくれるため、自分で買い足す必要はありません。




メリット③清掃をしなくていい

一般賃貸の共益費・管理費に含まれる清掃代は、マンションのエントランスや廊下の清掃を指します。そのため各自の部屋やキッチンなどは当たり前ですが、自分で清掃することになります。

しかしシェアハウスの清掃では、共有スペースすべての箇所の清掃をします。そのため、リビングはもちろんのこと、キッチンや水回り、玄関など、個人スペース以外の清掃は自分でしなくてもよいで、とっても楽です。
共有スペースを使用して汚した際は、自分でキレイにしなければいけませんが、基本的に清掃スタッフの方が清潔に保ってくれるため、掃除が苦手な方やお仕事が忙しい方には大きなメリットではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。シェアハウスの共益費は一見割高のように見えるかもしれませんが、共益費のおかげで一人暮らしより生活しやすい環境になっています。

物件によって共益費に含まれる内容は変わるので、金額だけで判断するのではなく、内覧時に詳細を確認すると良いかもしれません。


関連記事:シェアハウスの共益費に含まれるものは?