HOW TO & TIPS

シェアハウスのイロハ

シェアハウスにかかる初期費用

シェアハウスの初期費用について、皆さんはどれくらいをイメージしているでしょうか。

「シェアハウスのメリットは初期費用が安いことだ」

と言われるくらいですので、一般賃貸と比べるとリーズナブルなイメージができると思います。しかし具体的にどのような項目で、どれくらいの費用がかかるのか知らない方が多いのではないでしょうか。

シェアハウスの初期費用について、一般賃貸と比較し、また具体的な初期費用の項目についてまとめましたので、チェックしてみてください。




一般賃貸とシェアハウスの初期費用

※初めて実家を出て地方から上京し、家賃6万円の場合の平均的な初期費用

<一般賃貸の場合>

敷金   :60,000円 ※家賃1~2か月分が平均
礼金   :60,000円 ※家賃1~2か月分が平均
前家賃  :60,000円 ※家賃1か月分が平均
仲介手数料:30,000円 ※家賃0.5か月分が平均
火災保険料:15,000円
鍵交換費用:15,000円

計    :240,000円


一般賃貸の初期費用としては、家賃の4~6倍ほどの費用がかかります。 また上記以外にも、家具・家電を買いそろえる費用や、インターネットを通す費用など契約時にかかる費用以外も発生し、もろもろ合わせると50万ほどかかってしまいます。


<シェアハウスの場合>

デポジット:30,000円
前家賃  :60,000円

計    :90,000円


シェアハウスの初期費用としては、家賃の1~2倍ほどの費用が掛かります。 またシェアハウスでは頻繁にキャンペーンを行っており、初月家賃半額など初期費用をさらに抑えれるような特典がついていることが多いです。

さらに家具・家電付きのため、一般賃貸のように契約以外に大きな費用が発生することがありません。




初期費用の項目について

<事務手数料・契約手数料・再契約事務手数料>

契約時・再契約時に発生する手数料です。一般賃貸でいう仲介手数料のようなもので、運営会社が契約を担っているというサービスの対価を支払っているイメージです。


<保証会社費用・保証金・デポジット>

シェハウスの初期費用で大半を占める費用になります。いわゆる預け金のことで退去時に、破損物の修繕費やクリーニング費などに使用されます。 費用は20,000~賃料1か月分が相場で、退去時に返却がある場合もあります。返却条件等は入居時に確認しておくといいでしょう。

デポジットの内訳には保証金の他、鍵交換費用、クリーニング費用、事務手数料、火災保険料など含まれる場合があります。


<住宅火災保険料>

火災保険に加入するための費用です。物件によっては、共益費の中に含まれていることがあり、入居時に費用が発生しない場合もあります。


<住宅総合保険料>

住宅総合保険に加入するための費用です。シェアハウスで加入を求められることは少ないです。


<鍵交換費用>

一般賃貸同様、シェアハウスでも退去後に鍵を交換します。しかしダイヤル式や、タッチナンバー式の鍵が多いため、あまり請求されることがありません。 また、デポジットの中に含まれていることが多いです。


<クリーニング費用・清掃費用>

退去後に清掃を行う際にかかる費用です。10,000~30,000円が相場になります。 また、綺麗に使用している場合、ある程度返却される場合もあります。


<違反金・違約金>

キャンペーン価格で住める条件として、必ず○○ヵ月は住むといった期間や、最低入居期間など契約した内容より、早めに退去してしまった際に発生する費用です。 初期費用というわけではありませんが、初期費用と一緒にあらかじめ確認しておくといいでしょう。


いかがでしたでしょうか。一般賃貸と比べるとかなり初期費用を抑えることができます。またあまり知られていませんが、退去する際も費用を抑えられることができます。

一般賃貸ですと、クリーニング代や鍵交換費用がかなり高く、また荷物も多いため引越し業者を雇う費用も掛かります。最近では敷金礼金0円の物件が増えてきましたが、その分クリーニング代等を後で支払わなければならないため、退去するだけでかなりの出費がかかってしまいます。

それに比べシェアハウスの場合、敷金礼金もありませんし、クリーニングは個人部屋のみのためかなり安く、また荷物が少ないこともあり引越し業者の費用を抑えることもできます。

入居・退去に出費を抑えられることは、初めて実家を出る方はもちろんのこと、短期滞在の留学生や単身赴任の方にも嬉しいのではないでしょうか。