HOW TO & TIPS

シェアハウスのイロハ

シェアハウスで必要なものとは?

シェアハウスと生活必需品

※上記画像は、イメージ画像となりまして、本内容とは一切関係ありません。

シェアハウスが家具・家電付きということは、様々な記事で紹介されていますので、多くの方がご存知かと思います。 しかし生活をするにあたって家具・家電だけではなく、様々な備品・日用品が必要になってきます。

通常の一人暮らしの場合、アイロンやクイックルワイパーなどの備品は少しずつ揃えたり、日用品は無くなれば買い足しすると思います。しかし、共同生活であるシェアハウスでは、一人暮らしとは少し違い一部の備品・日用品までシェアします。



シェアハウスの日用品・備品について

シェアハウスでは、家賃以外に「共益費」という費用を毎月支払います。 一般賃貸でも共益費や管理費といった家賃以外の費用を月々3,000~10,000円支払っていることがあります。これはマンションの共用部(エントランスなど)を綺麗に保つための清掃費用や、エレベーターの管理費などに使用されています。
シェアハウスの共益費の中にも清掃費や管理費が含まれているほか、日用品・水道光熱費・インターネット代も含まれ、物件にもよりますが、月々10,000~15,000円程度かかります。
※シェアハウスの共益費に関する詳細は、こちらの記事を参照ください。

共益費の中に含まれている日用品には、トイレットペーパー・ティッシュペーパー・食器用洗剤・食器用スポンジ・掃除グッズ・ハンドソープ・ゴミ袋などがあります。物件によっては、しょうゆ・みりんなどの調味料までカバーしている場合もあります。

備品はシェアハウスにより大きく異なっており、これが必ず揃っている!というものがなかなかありません。気軽に掃除できるようにクイックルワイパーを各フロアに配置している物件もあれば、掃除機しかない物件、お布団セットまでついている物件もあれば、マットレスのみしかない物件もあり様々です。




シェアハウスに持って行くべきもの

シェアハウスには家具・家電が付いており、日用品・備品も揃っているとなると、一体シェアハウスに引っ越す際に何を持ち込めばいいのでしょうか?

こちらでは、シェアハウスに引っ越す際、これだけは持っていくべき!というものをお伝えします。


シェアハウスに持っていくべきもの①スリッパ
意外と忘れがちなスリッパ。一人暮らしでは無くても気になりませんが、シェアハウスでは必需品だといっても良いアイテムです。

シェアハウスは長い廊下や広いリビングなど、移動が多いです。そのため裸足や靴下で移動してしまうと、冬場は冷えますし、また汚れも気になります。


シェアハウスに持っていくべきもの②ドライヤー
シェアハウスではドライヤーは各自で用意しなければいけないことが多いです。 共有で使えるドライヤーを設置してある物件もありますが、洗面台でしか使えないようにコンセントが留めてあったり、風力が弱いものだったりと、毎日使うとなると不便かもしれません。


シェアハウスに持っていくべきもの③部屋着・パジャマ
シェアハウスではお風呂やトイレに行く際など、少しの用事だとしても共有スペースを通らなければいけないため、誰かに合う可能性があります。一人暮らしの場合だと、お風呂上がりに下着だけで過ごしていても問題ありませんが、共同生活であるシェアハウスではそうはいきません。

そういった際に簡単に着たり脱いだりできる部屋着やパジャマがあると大変便利です。


シェアハウスに持っていくべきもの④ティッシュ
日用品は共益費で賄われると先ほどお話しましたが、個室の日用品は各自で用意しなければいけません。といってもお部屋で必要な日用品というと、ティッシュくらいかと思います。

トイレットペーパーは共益費で賄われるため心配ありませんが、お部屋で使用するティッシュについては各自で準備しておくと良いと思います。


シェアハウスに持っていくべきもの⑤洗濯洗剤
食器用洗剤は共益費に含まれている場合がありますが、洗濯洗剤は各自で用意する必要があります。また柔軟剤も同様です。


シェアハウスに持っていくべきもの⑥シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ
シャンプー/コンディショナー/ボディーソープなどは各自で用意する必要があります。また、個人の好みがでるところだと思いますので、共用よりも個人の方がよろしいでしょう。




+αで用意すると便利な備品

運営会社で用意された、家具・家電・備品などで十分に生活はできますが、+αで用意したらもっと快適に生活できるアイテムがありますのでご紹介します。


+αで用意すると便利な備品①ブランケット・毛布
シェアハウスでは布団付きの物件は多くありますが、基本的に布団が一枚のみのため、冬場は少し寒いかもしれません。ですので、毛布を用意しておくと便利です。

また共有スペースに行く際など、ブランケットがあると簡単に羽織れるので寒い冬場は活躍します。


+αで用意すると便利な備品②アイロン
シェアハウスでは共有で使えるアイロンを用意してある物件がありますが、全体的にみると少ないです。そのため、毎日スーツを着る方や、制服がある方はアイロンを用意した方が便利です。


+αで用意すると便利な備品③ケトル
ほとんどの物件でケトルは用意されています。しかし、個人部屋にあることはほとんどなく、たいていは共有スペースのみに置いてあります。 お部屋でコーヒーを入れたいとき、カップラーメンを食べたいときなど日常でお湯を沸かす機会は意外に多いので、お部屋に用意しておくと便利なアイテムです。


+αで用意すると便利な備品④バスマット
バスルームに置いてあるバスマット。これを共有することに抵抗がある人もいるでしょう。 また、共用のバスマットは交換が週1回しかされないこともあるので、マイバスマットを用意しておいた方が快適に過ごせるでしょう。


+αで用意すると便利な備品⑤コロコロ
シェハウスではほぼ100%掃除機が置いてあります。ですので、掃除する際は特に問題はないのですが、気軽に掃除したいなと思った際にわざわざ共有スペースまで行って掃除機を部屋まで持っていくのは面倒かもしれません。

そんな時に便利なのがコロコロです。シェアハウスで自分で清掃するのは個人部屋のみですので、正直コロコロだけでかなりいき届いた清掃ができます。



内覧の際は、日用品・備品の充実をチェックするのも良いかもしれませんね!