SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

東京でもスケートがしたい!そんな時に利用したい3つのアイススケート施設

冬になるとしたくなるスポーツといえば、スキーやスノボがあります。
ですが、仕事や学校が忙しくて遊びに行けない…お金がないから遠出はキツイ…という人にオススメしたいのが、スケートです。スケートは滑るまでにはコツがいりますが、いざ滑れるようになると、とっても楽しいスポーツです。カロリーも消費できるので、ダイエットをしたい人にも向いているかも!?
それでは、東京でスケートを楽しみたいならばどこに出かければいいのでしょうか?



明治神宮外苑

(最寄り駅:JR中央・総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」、東京メトロ各線「青山一丁目駅」など)

▼営業時間
平日 12:00~18:00
土日祝日 10:00~18:00
(最終入場は17:00まで)

▼料金
滑走料(1日) 1,300円
滑走料(15:00~) 1,000円
貸靴料(1日) 500円


さまざまなスポーツ施設が併設されている明治神宮外苑は、世界大会規格のスケートリンクがあることでも知られています。キレイなリンクで、スケート選手気分を味わって!
レンタルシューズは、15センチから31センチまでありますから、足が大きい方でも安心。 他にも人気の施設といえば、「バッティングドーム」が併設されています。なんと、野球選手のバーチャル映像と対戦ができるというバッティングセンターです。本格的に野球をやりこんだ人はもちろん、初心者の人でも楽しめるスポットですから、興味がある人はスケートと一緒に、両方楽しんでみても良さそうです。



シチズンプラザ

(最寄り駅:JR線、西武新宿線、東京メトロ東西線「高田馬場」駅)

▼営業時間
平日・土 12:00~19:45
日・祝日 12:00~18:30

▼料金
滑走料(1日) 1,300円
滑走料(17:00~) 1,000円
貸靴料 500円

スポーツ施設はもちろん、カルチャースクールまで網羅したシチズンプラザ。
このリンクも、アイスホッケー国際規格を満たしている本格派です。CM撮影などにも利用されているという話もあります。高田馬場駅からすぐという好アクセスも人気の理由のひとつでしょう。 スケートに飽きたら、併設された別スペースにて、ボウリングも楽しめちゃいます!
体を動かしてお腹がぺこぺこになったら、高田馬場駅周辺のラーメングルメに舌鼓を打つのもいいですね!あっという間に時間が過ぎていくことでしょう。



ダイドードリンコアイスアリーナ

(西武新宿線「東伏見」駅)

▼営業時間
14:00~18:00

▼料金
滑走料 1,200円
貸靴料 500円

東伏見駅から徒歩1分で到着するダイドードリンコアイスアリーナ。
フィギュアスケートやアイスホッケーの試合にも使用されている、大型スケートリンクです。 かつては、東伏見アイスアリーナという名称で愛されていた、西東京都市の住民にはおなじみのレジャースポットとなっています。 シェアメイトと出かけても、デートで楽しんでもOK!思いっきり滑りたいという時に最適な場所ではありますが、混雑している時には譲り合いましょう。

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP