SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

真冬に体をあたためよう!東京にあるおでんの名店5

寒い時期に美味しいのが、おでんです。
家でおでんをつつくのもいいかもしれませんが、お酒を飲みながらお店で楽しむおでんはまた格別です。今回は、東京にあるおでんの名店についてご紹介していきましょう。

稲垣(半蔵門)

割烹稲垣は、開業から30年を越えるおでんの名店として有名です。 その魅力は、濃口醤油で味を付けた関東風だけでなく、あっさり味の関西風、赤みそでこってりとした味わいの名古屋風おでんも楽しめるという点にあります。合計3種類のおでんを、贅沢に楽しんでしまいましょう!
特に人気なのが、とろとろと口のなかでほどけるような口当たりがたまらない牛すじだそう。牛すじが大好物だという人に是非訪れてほしいお店です。

日本橋 お多幸本店(日本橋)

関東風おでんをしっかり味わいたいならば、このお店がオススメです。 特徴は、濃い出汁でしっかり煮込んだ甘辛い味付けです。 お多幸の名物メニューは、見た目にもインパクト大の「とうめし」。お茶碗にたっぷりと茶飯をよそって、その上に豆腐のおでんを大胆に載せた一品です。その上からおでんの出汁もかけられていて、体もあたたまるのも嬉しいですね。サイドメニューとして人気の煮卵が入った大根の煮付、サラダ、味噌汁もついてくるそうです。
ランチでも楽しめるので、近くを通りかかった際には立ち寄ってみては?

二毛作(立石)

ちょっぴり上品なおでんを味わってみたいならば、立石駅からほど近い「二毛作」がオススメです。 同系列で営業している隣の店「丸忠蒲鉾」からかまぼことおでんのタネを直接仕入れていることでも知られています。 このお店の看板メニューは、なんとトマト!湯むきをしたトマトを丸ごと出汁で煮詰めていったことで、優しい味わいが完成しました。胃袋と心をあたためてくれるのに充分な美味しさです。
仕上げに散らされたドライバジルも、爽やかな香りで食欲をそそります。

おかめ(東北沢)

小田急線沿線の美味しいおでん屋さんと言えば、「おかめ」で決まりです。 クリアに透き通った汁が見た目にも美しい、関西風おでんのお店です。 蛸のおでんは、この店を訪れたならば食べておきたいメニューのひとつ。また、豆腐も有名です。 刻んだネギと柚子の皮が、ほんのり風味にアクセントを加えてくれています。
急にふと食べたくなるような、味わい深いおでんが食べられます。

大多福(浅草)

浅草のおでんの名店として知られているのが「大多福」。 まるで昭和時代に時計を巻き戻したような、レトロな雰囲気が味わえるお店です。その渋い内装からは、店の長い歴史が感じられます。 煮卵、大根、ちくわぶといった定番メニューから、あわ麩、まき湯葉といった珍しいおでんまで味わえます。なんとお土産も購入できるので、シェアハウスの仲間に買って帰ってもよさそうですね。
浅草で遊んで、スカイツリーを見た帰りに是非寄ってみたい名店です。

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP