SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

シェアメイトと足を伸ばしたい。東京で有名な5つのランニングスポット

ランニングを始めてだんだんと運動に体が慣れてくると、たまには足を伸ばしてランニングスポットに出かけてみたい!という気持ちも芽生えてくるでしょう。 今回は、東京でも有名なランニングスポットをご紹介します!

皇居

あまりにも有名な「ランナーの聖地」です。たくさんの人が皇居の周りをランニングしているため、たびたびメディアなどでも取り上げられているスポットだそうです。1周が5キロ程度とされていますので、ちょっと走りたいというランナーさんにも、きっちりトレーニングをしたいという方にもぴったりです。 また、美しい景観もランナーから愛されている理由のひとつ。走るのがつらくなってきた……という時でも、周りの景色を眺めていたら気分転換になりそうです。
ただし、皇居ランナーのマナーの悪さを指摘する声もあります。マナーは守って、楽しくランニングしたいですね。 ちなみに、走り始めるのにどこからとは決まっていませんが、いろんなエリアにあるランニンググッズ専門店をスタート地点にしているランナーも多いよう。ロッカールームやシャワーがある施設もありますから、シェアハウスからアクセスしやすい専門店を調べてみましょう。

代々木公園

(最寄り駅:JR山手線「原宿」駅、東京メトロ千代田線「代々木公園」駅など)

こちらも有名なランニングスポットです。原宿駅からすぐ近くという利便性も嬉しいですが、公園内にはなんとランニングコースがあります。1.2キロ、1.9キロ、2.4キロとコースが分かれていますので、自分のペースや能力を考えて選びましょう。 友達と一緒にランニングした後は、着替えてからカフェでひと休み……なんていうのもいいですね。ただし、カロリーが高いスイーツやアルコールなどは避けたほうが無難かもしれません。

お台場海浜公園

(最寄り駅:新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅、「台場」駅)

「水遊びをするためのスポット」「カップルのデートスポット」というイメージが強いお台場海浜公園。ですが、ここにも有名なジョギングコースがあるそうです。公園をスタート地点として、5キロのコースと7キロのコースがありますが、スタート付近には、着替えるための施設も用意されているそう。なかには貴重品を預けられるロッカーや、汗を流すためのシャワールームも完備しているとのことです。
東京ではなかなかできない、海沿いのランニングを体験することも可能です。素晴らしい景観を横目に、華麗なフォームでランニング……なんて、ランナーには理想的なシチュエーションですね!

都立駒沢オリンピック公園

(最寄り駅:東急田園都市線「駒澤大学」駅)

世田谷区民のランナーファンが多いスポットと言われています。 公園内にあるコースは1周2キロほどということですので、初心者でも走りやすいかも。急勾配の坂などもなく、あまり走り慣れていない人でも安心してランニングできます。サイクリングコースも常備されているそうですから、自転車が好きな人と連れ立って出かけてみても楽しそう。スポーツ好きの人には有名な公園でもあります。
休日に思いっきり体を動かすにはもってこいの場所でしょう!

砧公園

(最寄り駅:小田急線「千歳船橋」駅、東急田園都市線「用賀」駅など)
※駅からバスを利用したほうが、スムーズに到着できます

世田谷区民に愛されているもうひとつの公園といえば砧公園です。 ジョギングコースは約1.75キロで、ピクニックや散歩をしている人もたくさん見受けられることでしょう。 シェアメイトたちと芝生の上でお弁当を広げながら、ランニングしたりバトミントンやフライングディスクをしたりして楽しんでみてはどうでしょうか。 ランニングだけでなく、ウォーキングをしている方が多いのも特徴かも。 子供連れでウォーキングをしているほのぼのとしたファミリーの姿も見受けられます。

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP