SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

すのこを使って、家具を作ろう!シェアハウスでも簡単にできるDIYを始めたい

最近では、自分の部屋に置く家具くらい、自分で作っちゃう!という、DIY好きの方も増えているそうですね。たしかに、家具を自作することができたら、普通に購入するよりもリーズナブルな値段ですますことができるでしょう。
でも、木材を買ってきて一から自分でやるとすると、少し自信がない…そんな人は、「すのこ」で家具を作るところから始めてみてはいかがでしょうか? 銭湯や温泉、施設の入り口などでたびたび見かけるすのこ。あれで家具ができるの!?なんて思う方もいるかもしれませんが、とっても素敵な家具が出来上がります。
それでは、すのこでどんな家具を作ることができるのでしょうか?


ラック

「ロ」の字型にすのこを組み合わせて、釘を打つだけ。本棚や靴箱、雑貨などを飾るのにピッタリのラックが出来上がります。長いすのこを購入すれば、背の高い家具を作ることも可能!
サイズの合う木箱を入れて、引き出しのように使用するのもオシャレです。 そのままの色合いで使用してもいいでしょうが、白く塗ると見た目にも爽やかです。
ちなみに、このラックの下にキャスターをつけると、移動がしやすくなります。模様替えが趣味だという方は、検討してみて下さい。


ミニテーブル

すのこの四隅に、同じ長さの角材を打ち付けます。そうすると、小さな机の出来上がり! 部屋のなかに植物を置きたい、コレクションを飾りたいという人にオススメです。 何個か組み合わせてももちろんOK。
テーブルはこげ茶色に塗るのがオススメだそう。他の家具とマッチしやすくなります。カフェ風のインテリアが好きな人は、組み立てたついでに着色してみましょう。 強度が欲しい場合には、丈夫な角材を使うなどして工夫してみましょう。


マガジンラック

すのこをいくつか並べて、釘を打っていきます。足があるほうを表にして、別に購入しておいた板を足の間に打っておくと、雑誌や本が下に滑り落ちないから便利だとされています。 あまりに厚みのある本は置けませんが、普通のマガジンラックを買うよりははるかに安く、使いやすいかと思います。壁に立てかけるようにして使ってみましょう。
壁に取り付けた後にフックなどをくっつけて、アクセサリーや帽子をひっかけて収納することもできます。


照明のカバー

和風の間接照明が欲しいという方にオススメなのが、すのこで作る照明カバー。 小さなすのこが100円均一ショップなどで売られていますので、それを5つ用意します。あとは箱状に組み合わせて、釘を打つだけ。 残念ながらなかに入れるランプは用意しなければいけませんが、照明カバーをこんなに安く手に入れられるなんて!と思わずニンマリしてしまうこと、間違いなしです。

このように、すのこはいろんな家具作りに活用することができるのです。 家具作りやDIYに興味がある人は、是非チャレンジしてみて下さいね!

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム