SHARELIFE MAGAZINE

シェアライフマガジン

こたつがあるのにオシャレな部屋!シェアメイトも一緒にくつろげる家を目指そう

部屋の中にいて、暖房をつけていてもなんとなく寒い。安らげない。 そういう時に是非利用したいのが、「こたつ」です。 こたつに入ってまったりと時間を過ごすのは、まさに至福の時です。ですが、「こたつを部屋の中に置くと、なんだかダサくならない?」という疑念から、なんとなく設置を先延ばしにしている人もいるのではないでしょうか?
ですが、こたつをオシャレなインテリアのひとつとして愛用することもできるのです。 それでは、どんなテクニックを使えば、こたつをオシャレアイテムにできるのでしょうか?



オシャレなインテリアとして、こたつを利用する方法

こたつをオシャレに使うには、2つの方法が考えられます。
それが、
・普通のこたつの布団を変えて、既存の商品を洗練された印象にする
・『デザインこたつ』を購入する
というものです。

まず、こたつ布団を変えるという方法があります。布団を少しだけカワイイ柄にするだけで、北欧風のインテリアとも相性度がアップするそうです! シンプルなドット柄やチェック柄、星柄なんてものもあります。冬らしく、雪の結晶の柄やシープ柄などを選んだら、女の子ウケも抜群かも。 それより無地のこたつ布団のほうが好きだという人は、素材や色にこだわって選んでみたらどうでしょうか?カラフルなこたつ布団を選べば、インテリアの差し色にもなりそうですね。
変わったものですと、ラビットファー調のこたつ布団や、端っこにフリルがついた布団、りんごの柄などもあるようです。

そして、『デザインこたつ』も、最近注目度が急上昇しているこたつだそうです。
これは、普段遣いのインテリアとの相性を重視して作られたものであり、その代表とも言えるのがケニーこたつと呼ばれる商品です。 布団を取り外せば、おしゃれなテーブルとして利用することも可能。まるでカフェテーブルのような、洒落た空間が出来上がります。しかし、こたつ布団を取り付けたらあっという間にこたつに早変わりしちゃうということで、今若い人から人気を集めているこたつだそうです。 また、丸型のこたつも要チェック。
ちゃぶ台のような形のテーブルになっていますので、人数の多いシェアハウスでもみんなで利用できそうです。和室との相性も良さそうですね。

また、天板のデザインにこだわって作られているこたつも多いようです。
天板が落ち葉の形になっていたり、斜めにカットされていたりするこたつからは遊び心が感じられるのが人気の秘密。 「こんなこたつ、見たことない!」「私も同じのが欲しい!」なんて、あなたの個室が大人気になってしまいそう。シェアメイトといつも個室でおしゃべりしている、みんなでゆったりお話しするのが好きだという方は、是非こういったこたつを購入してみてはどうでしょうか?

この記事を書いた人

東京一人暮らしアドバイザー。 学生時代は下北沢や吉祥寺で過ごし、現在は高円寺在住。 趣味は一人暮らしでもカンタンに作れる、料理・お菓子・パン作り、カフェ巡り、便利でカワイイ雑貨集め。 経験に基づいた一人暮らしの物件探し、防犯情報、お得な節約法・料理術などを提案していきます。最近、シェアハウスへの取材も多く実施しています。

最近書いたコラム

PICKUP