GIRLS REPORT

物件レポート

vol 143

シェアのデメリットをなくしてメリットだけ享受できるハウス


こんにちわ。カフェのようなラウンジ、仕事がはかどるコワーキングスペース、映画鑑賞が思う存分楽しめるシアタールーム、ここに暮らしたらきっと楽しいだろうなと思えるシェアハウス『シェアリザイド青葉台』の内覧に行ってきたののかです。

シェアハウスに実際に来るのは初めて。友人にも住んでいる人がいないので、無知な場所なのですが、テラスハウスをよく見ていたので、オシャレな暮らしなのかな?というイメージがあります。一方で、プライバシーがあまり守られていない印象もありましたが、ここはそんなことは全く感じられない物件だなぁと思いました。テラスハウスは1つの部屋に3人で住む形式でしたが、ここは一人一部屋、更にコンクリート造なので、マンション並みのプライバシーが保たれています。また、シャワーやパウダールームなどは男女で完全に分かれていたので、お風呂あがりの姿を男性に見られる心配もなさそうです。それにリアルタイムの利用状況を確認できる便利なシステムが導入されているようで、、詳細はのちほど。

場所は、田園都市線の青葉台駅から徒歩9分。青葉台駅から渋谷駅まで28分で乗り換えなしで行けるので、渋谷、さらには表参道や青山一丁目勤務の方には要チェックかと思います。それでは、早速『シェアリザイド青葉台』をレポートします。



シェアリザイド青葉台を案内してくれたのはワイム総合企画の松本さん

ののか「はじめまして、本日は物件の案内よろしくお願いいたします。とても開放的で、カフェみたいなラウンジですね。ここなら用がなくてもついつい来ちゃいそうです。」

松本「ののかさん、こんにちわ。女性に気に入って頂けてよかったです。女性のデザイナー、設計士とともに、女性にとって居心地にいい空間作りを心掛けました。また、この後すぐにご案内しますが、ちょうどののかさんの後ろが小上がりになっており、大空間ながら目線が合わないように工夫しています。」


ののか「あ、本当だ。ちょっと段差のある空間がありますね。目線が合わないだけで、ちょっと別空間のようにも見えます。」

松本「こちらでは49人の方がお住まいになる予定ですが、ラウンジでも一人一人距離感を自分で取れるようにしております。」

ののか「人によってラウンジの使い方が違うから、そういったところまで配慮してくれていると嬉しいですね。」


松本「こちらでは、85インチの大型テレビをご用意しておりますので、皆様でラグビーワールドカップや来年に迫った東京オリンピックのパブリックビューイングとしても活用いただければと思います。」

ののか「本当にテレビ大きいですね!うちのテレビが30インチくらいので、3倍近くの大きさがある。」

松本「また、大画面だけでなく、7.1chの音響システムもございますので、音についてもご満足いただけるかと思います。」

ののか「大人数で楽しめるは、シェアハウスならではですね。独身のコミュニティーマンションとかあまりないので、一人暮らしでは体験できない時間を過ごせるのはいいですね。それに、ここなら床に座れるし、ちょっとくらいならゴロンとしてもいいかな。」

松本「ソファやダイニングテーブルだとなかなか横になったりゆったりできないかと思いますので、こちらをリラックススペースとしてもご活用頂ければと思います。」




ののか「黄色い小鳥さん、とてもかわいいですね。」

松本「当ハウスのモチーフにもなっているハッピーバードです。当ハウスの他の場所にも登場しておりますので、ぜひ、探してみて下さい。」

ののか「そうなんですね。ちなみに、これは座っていいものでしょうか?」

松本「申し訳ございません。ハッピーバードに座るのはご遠慮おねがいしております。」

ののか「変なこと聞いて失礼しました。。。それにしてもこのソファ、海外のホテルとかにありそうで、とてもオシャレですね。そして座り心地も素敵です。」

松本「ご理解いただきありがとうございます。また、家具についても好評をいただけてよかったです。この大空間を活かして、普通の家では大きすぎるような海外製の家具をセレクトして入れております。余談ですが、ソファだけで、85インチのテレビよりも高額だったりします。」




ののか「珈琲の美味しそうな香がしますね。」

松本「当ハウスに住まれたら、ぜひ、一度はこちらの珈琲を堪能頂ければと思います。伊勢志摩サミットでも採用されたmade in Japanの珈琲マシーンでございますので、特別な一杯を。一杯毎に豆を抽出しているこだわりです。」

ののか「アメリカの大統領も日本の首相も飲んだ珈琲と同じなんですね。これを飲めばとても頭が冴えそう。」

松本「仕事や作業の合間のブレイクタイムに。ののかさんは自宅でもお仕事をされることはありますか?」

ののか「会社で終わらない事務作業があるときは、家ではなくカフェでやっていることが多いです。家だとなかなか集中できないので。ここは家でありながら、家でないワーキングスペースなので、重宝しそうです。」

松本「ののかさんはどんなお仕事されているのですか?」

ののか「私はアパレルブランドのコンセプターをしています。パワーポイントとかで資料作成することが地味に多いので、こういったサードプレイスがあるのはいいですね。」




ののか「食事ができるダイニングテーブルがたくさんあるんですね。」

松本「はい。先ほど、目線をずらして距離感を入居者さまご自身で取れるようにしている旨のご説明をさせていただきましたが、ダイニングでも同様な仕組みにしております。大人数で食べたいときもあれば、少人数、または一人で食べたいときもあると思います。みんなで食べたいときはこちらの横に長いダイニングテーブルを使用していただければ、また一人のときはハイチェアのあるカウンターテーブルで外を見ながら食事できるようにもなっています。」

ののか「あ、ここでも目線が合わないようになっているんですね。ちょっと人見知りしそうなので、最初はテレビの下あたりで食事がしたいです。徐々に、他の入居者の方と仲良くなれたら、こちらのダイニングテーブルを使用してみたいです。」



OK GOOGLE!卵料理のレシピだして!の出来るスマートキッチン





松本「次にキッチンをご案内します。シェアハウスに住んでいて、嫌だなぁというポイントがいくつかあると思います。不満点の1つに、炊飯器やレンジが使いたいときに使えないことがよくあげられます。なので、こちらの物件では家電の数を十分にご用意しています。」

ののか「本当だ。ルクレーゼまで2つ揃っているんですね。」

松本「はい、また家電の量だけでなく質にもこだわっております。本格的な肉料理が楽しめるPanasonicのロティサリーグリル&スモークや最高の味を引き出してくれるBALMUDAのトースターなどが、入居者さまの食卓を彩りを付加してくれると思います。」

ののか「Panasonicのロティサリーグリル&スモーク初めてみました。家にあったら絶対使います。」

松本「ののかさんは、普段から料理をされますか?」

ののか「はい。基本、毎日作っています。昨日は、棒棒鶏・卵ともやしのあんかけ炒め、わかめスープ、サラダ、ご飯を作りました。料理始めると無心で作っちゃいます。でも、シェアハウスで友達ができたら、一緒におしゃべりしながら作ってみたいです。」

松本「毎日料理されるののかさんにはご満足いただけるキッチンになっているかと思います。」

ののか「今のところは一人暮らし用のキッチンなので、コンロは2つしかないし、魚グリルもないし、シンクもとてもコンパクトなので、料理があまり効率よく作れないのですが、ここなら同時並行で料理ができそう。」

松本「また、シェアハウスのキッチンの不満として、調味料などの私物の放置が多いようなのですが、こちらの物件では1人1人に大き目のキッチン収納を用意しておりますので、そういったことが極力起こらないようにしています。」


松本「OK GOOGLE! オススメのレシピを出して!」

ののか「すごい!レシピが出てきた!」

松本「google hub nestのスマートスピーカーをご用意しておりますので、何を作ろうかな?と思ったときに口頭で相談できます。」

ののか「卵が残っているから、卵のオススメ料理を教えて!といったら複数の卵料理を提案してくれるんですよね。便利ですね!」


松本「料理で大変なのは、何を作るか決めるところにあるって言われていますからね。」



今夜はムービータイム?



松本「ラウンジの子上がりに、大型テレビをご用意しておりますが、シアタールームにも大型テレビを用意しています。こじんまりと映画を楽しみにたい方はこちらをご活用いただければ。」

ののか「人をダメにするクッションにこの近さの大画面、映画を楽しむには最高の環境ですね。」

松本「他のハウスのシアタールームでは、プロジェクターを用意しているケースが多いのですが、汎用品ではないため、プロジェクターの操作がよくわからないという声をお聞きしたので、当ハウスではあえてテレビにしております。」

ののか「仕事とかでプロジェクターをたまに触ることがありますが、結構とっつきにくいんですよね。微妙な焦点の調整が必要だったり。テレビならリモコン1つで操作できるから、安心ですね。」

松本「また、こちらには5.1chのサウンドが入っているので、ラウンジ同様、音についてもご堪能いただけると思います。ののかさんは映画は見られます?」

ののか「映画大好きなんです!なので、NetflixやAmaon primeやHuluなどすべて会員になっています。最近では、“世界一キライなあなたに”や“about time”などを見ました。事前アナウンスが出来れば、みんなで見たいですね。」

松本「入り口のカメラアイコンがホワイトボードになっているので、ぜひ、こちらでアナウンスをして頂ければと思います。」



プライバシーが確保されたホテルライクなお部屋





松本「次にお部屋をご案内します。お部屋のドアにハウスマークがあるのですが、ピンク色の隣のハウスマークが隣のお部屋のピンク色のハウスマークになっています。」

ののか「あ、本当だ。101号室のピンク色の隣のハウスマークと102号室のピンクのハウスマークが同じだ。」

松本「見えにくいところでちょっとした遊び心を出しています。101、102、103号室は女性専用のお部屋になっています。」

ののか「壁紙が色のレンガ調でかわいいですね。また収納もたっぷり。」

松本「さきほどから何度か言っていますが、シェアハウスのお部屋の不満の1つとして、収納が少ないことがよくあげられます。ののかさんは、洋服とか結構お持ちですか?」

ののか「仕事がアパレルなので、洋服のボリュームが本当に多いんです。毎月、いや毎週洋服が増えていきます。松本さんからシェアハウスの不満要因の話がちょいちょい出てきますね。」

松本「ここのシェアハウスを作るときに、最も意識したのが、シェアハウスのよくある不満をすべて潰して、快適性をシェアできる暮らしをデザインしたかったんです。」

ののか「それで、不満シリーズのお話が多かったんですね。」


松本「お隣の102号室です。クローゼットの他に、ベッド下収納もたっぷりございます。」

ののか「さっきも言いましたけど、洋服が本当に多いんで、収納スペースがクローゼット以外にあると本当に助かります。ちなみに、家賃ってどのくらいなんですか?」

松本「こちらの102号室であれば、49,000円です。最多価格帯では、54,000円です。」

ののか「え?安くないですか?高円寺に一人暮らししていたときは、1Kの狭めのお部屋で75,000円もしていました。」

松本「鉄筋コンクリート造でプライバシーもしっかり守られていて、先ほどご案内した共用部が自由に使用できて、5万円を切る賃料はとてもコスパがいいのではないかと思います。」



松本「各フロアにフロアプランをご用意しています。」

ののか「なんかホテルみたいですね。」




松本「こちらが最も標準タイプのお部屋になります。冷蔵庫は、他のハウスですと、2ドア100~130Lタイプが多いようですが、当ハウス170Lタイプのものをご用意しています。」


ののか「料理の頻度が高い私としては、容量が多ければ多いほどいいですね。それに、飲み物がサッと取り出せるのもいいですね。」

松本「キッチンにしか冷蔵庫がない物件もあるようですが、飲み物を取りに行くだけ時間が掛かってしまっては不便なので、各お部屋にあった方がよろしいかと思っています。また、全室にバルコニーが付いておりますので、他の入居者さまを気にせず、洗濯モノを干すこともできます。」




松本「こちらはモデルルームでございます。お部屋のインテリアの参考になれば幸です。なかなか目につきずらい部分ですが、Wifiはお部屋毎に専用ルーターをご用意しております。また不満シリーズのお話になってしまい恐縮ですが、Wifi環境は共有のケースが多く、なかなか繋がらないなどのトラブルがしばし起こりがちですが、そういったトラブルを回避することを目的にこちらではお部屋毎に環境をご用意しています。」


ののか「専用の無線LANがあれば、他の方を気にせずNetflixなど好きな動画が見れそうです。ちなみに、お部屋の広さってどのくらいですか?」

松本「約6.9帖でございます。4.3帖とか5帖など狭い物件も多々ありますが、こちらではラウンジだけでなくお部屋でもゆったり過ごすことができるようになっております。」



女性専用のパウダールーム・バスルーム・シャワールームと女性への配慮を感じる

松本「こちらに、シャンプーや洗顔などを仕舞えるスペースをご用意しています。空間がスッキリみえるよう、細かい収納も至るところにございます。」




松本「男性入室禁止のパウダールームです。」


ののか「朝の出発前の準備に利用したいです。メイク中とか髪のセッティングは、大きな鏡の前でしたいけど、男性に見られるのはちょっと抵抗があるので、女性だけの空間があると助かります。」

松本「こちらにはアイロン台からナノイーなど美容家電もございますので、メイク以外でもぜひご活用いただければと思います。」



松本「こちらは女性専用の洗面・バスルームです。」

ののか「わぁ、バスルームがとっても広い!今の私のおうちより、1.5倍の広さはありそう。」

松本「湯船につかって、エネルギーチャージをして頂ければと。1Fにバスルームやシャワールームがあるのですが、4Fのお部屋から降りてきて、すべて使用中だったらちょっと嫌ですよね。そこで、スマホからリアルタイムに利用状況を確認できるシステムをご用意しています。不満の種はすべて刈るようにしていますので、快適にお暮しいただけます。」

ののか「スマートなのは、キッチンだけじゃないんですね。」



松本「洗面・トイレ・ランドリーは各フロアにございます。なお、リアルタイムの利用情報は、洗濯機・乾燥機もご確認頂けます。」

ののか「ちなみに、水回りの清掃とかはだれがするのですか?入居者ですか?」

松本「専門のクリーニング業者が週5回入りますので、いつでもきれいにご利用頂けます。」



遊び心と安心セキュリティのあるエントランス




松本「エントランスの壁が本施設の概要になっています。ここにもハッピーバードもいるんですよ。」

ののか「あ、青葉台の駅も記載されている。駅からこちらの物件までの道のりも表現されているんですね。」

松本「はい、ちょっとした遊び心ですね。防犯カメラを設置しているので、不審者がいればすぐ特定できるようになっています。」



ののか「今回、シェアリザイド青葉台を見て思ったのは、松本さんがシェアハウスの不満をいろいろ研究して、それを1つ1つ丁寧に潰していっているおかげで、快適な暮らしが出来るんだぁということ。ラウンジは、海外のホテルのロビーかと間違えてしまうくらいオシャレだけど、オシャレさだけではきっと快適性は作れない。シェアは楽しそうだけど、いろいろ不便を感じそうだなぁという方は、シェアリザイド青葉台のドアをノックしてみて下さい。きっと不満のない暮らしが待っていると思います。」



・*.゚ののかの『シェアリザイド青葉台』チェックポイント゚.*・

★アクセス青葉台駅から徒歩9分です。渋谷までは乗り換えなしでいけます。
★収納お部屋には大型クローゼットがあります。共用部にも多々収納があります。
★オシャレ海外ホテルのラウンジのような空間。
★賃料4.9~5.5万円(共益費1.8万円)。ワンルームでは得られない設備が多数。でもワンルームより圧倒的にリーズナブル。
★ルール友人の宿泊OK。ただし事前申請あり
全館禁煙
掃除は週5回、清掃業者が実施してくれます。
★水周り男女別々のバスルーム・シャワールーム・洗面。利用状況はスマホでリアルタイムにチェック可能。
★セキュリティオートロックに防犯カメラがあります。


この物件に惹かれたポイント

基本データ
物件名称 シェアリザイド青葉台
アクセス 青葉台駅  徒歩9分
賃料 49,000 ~ 55,000円
部屋数 49部屋
運営会社 ワイム総合企画株式会社
【ガールズレポーター募集】
シェアパレードでは、シェアハウスを紹介するガールズレポーターを募集しています!
詳細は、こちらから。