GIRLS REPORT

物件レポート

vol 140

イベントのスペシャリストが住むハウスとは

某有名な夜更かし番組で眠らない街として紹介され、話題となった「竹ノ塚」。
この街に、今宵も眠らないシェアハウスがあるとのこと。 今日はそんなハウスでクリスマスパーティーが開催されると聞きつけたので、潜入してきました!



眠らない街に佇むホテルライクなハウスとは

イルミネーションで色鮮やかに彩られた竹ノ塚駅から歩くこと10分、到着したのは3階建ての「THE VALUE SHARED HOTEL」。 ホテルライクということだけあって、中に入った瞬間、

「今旅行中だったかな?」


と勘違いしてしまう雰囲気のエントランスがお出迎え。



座り心地の良いソファーに座って待つこと5分。
エレベータから勢いよく登場したのは、本物件の運営会社スリーコーポレーションのスタッフ西牧さんです。お客様の内覧中にも関わらず、私のお部屋案内のために駆け足で来てくれたようで、早々にエレベーターに飛び乗り内覧者のもとへと戻っていきました。 おもてなし心といいますか、対応力の高さに、信頼できる運営会社なのだと感じました。

西牧さんの内覧が終わるまで、お部屋で待つことに。お部屋に入って驚いたこと、それは水回りがお部屋に付いていること。



多くのシェアハウスでは、水回りを他の入居者と共有します。 水回りの使い方は人によってかなり差があり、また使用頻度も高いため自分専用の水回りがついているのは嬉しいですよね。

シェアハウスだけど、一般賃貸と変わらないクオリティーのお部屋に、共有の広いラウンジがある「THE VALUE SHARED HOTEL」。初めてのシェアハウスには好条件な物件かもしれません。
そのせいか、内覧した多くの人がすぐに入居を決めてしまうとか。 また多くの入居者さんがこの物件の内覧のみで、住むことを決めたとのこと。一般的にシェアハウスを決める際、3~5物件ほど内覧してから入居を決めるため、それと比べると入居決断までかなりスピーディーに感じます。

1回の内覧で入居したくなるくらい、何か魅力があるのかもしれませんね。




地下1階に潜むパーティールームへ

内覧を終えた西牧さんに案内されたのは、本日のイベントの舞台となる地下のパーティールームです。 普段はまるでホテルのラウンジのような空間。



今日はイベント仕様に飾りつけや、照明が取り付けられ、一般のハウスパーティーとは思えないクオリティーに。



そこでは7~8名程度の入居者の方がせっせと準備中。

「話をしている余裕はない」

といった雰囲気に圧倒され、私はその様子を写真に収めることしかできませんでした。真剣そのものです。



こちらのお料理は3~4名で作ったそうです。



そのうちの一人である女性の入居者さんは、入居してからまだ1ヵ月しか経っていないとのこと。なぜこんなに打ち解けるのが早いのかお聞きしたところ、リビングに頻繁に来ているといつの間にか仲良くなっていたのだとか。

本物件は水回りがお部屋にあり、キッチンも各階にあるため、リビングに行かなくても生活できるような構造になっています。それにも関わらずリビングに来る方は、シェアメイトと交流したい人が多く、地下に行けば誰かと会話が始まり、仲良くなっていくそうです。

リビングを利用しなくても生活ができる構造だからこそ、交流したい人だけが集まる場となり、気軽に話しかけることができる雰囲気になっているのかもしれません。


少しお話をお伺いすることができたのですが、やはり準備が忙しそうで、イベント開始まで会場を探索することにしました。

豪華な手作り料理に、大量のお菓子。数台のビデオカメラにモニター画面。本格的な受付ブースに、大きなクリスマスツリー。



パーティールームのある物件なだけに、イベントへの本気度が他の物件とは違うなと感じました。

とここでユニークな張り紙が!



こんな遊び心あふれる会場を作り上げたのが、イベントを主催している高木さん。 設営期間はなんと3日もかかったとのこと。

ハウスパーティーといえばその日に買い出しへ行き、集まってワイワイするイメージですが、この物件のイベントは気合の入れ方が半端ではありません。というのも60人以上を呼び込むイベントを作り上げたいと高木さんは考えているようで、そのためにはハイクオリティーな準備をする必要があるそうです。




Share Xmas2017スタートです!

準備もある程度終わり、参加者の方が続々と会場へ入ってきます。
たくさんの手作り料理が並び始め、参加者の方は、数ある料理の中から食べたい料理をお皿によそい、イベント開始まで団欒を楽しんでいました。



突然照明が消える会場。そこへ響き渡るポップなミュージック。イベント開始を匂わせる雰囲気に、入居者さんもそわそわし始めます。

前方の照明がパッとついた瞬間、司会を務める女性2人が登場。爽やかな挨拶とともに、Share Xmas2017が開始しました。



まずは乾杯ということで、主催者である高木さんが乾杯の挨拶を。 参加者の方は前に集まり、高木さんの「乾杯」の合図とともにお酒を酌み交わします。



Share Xmas2017がいよいよ始まりましたが、まずは団欒をお楽しみくださいとのことで、各々が好きなように過ごしていました。 受付をしている人、食事を楽しむ人、バイキングコーナーでお料理をよそう人、ビデオカメラのセッティングをする人。

今日はどのようなクリスマスイベントが行われるのでしょうか。




女性入居者が体を張った瞬間

団欒を楽しむ中、司会者の2人が登場します。何が始まるのかと参加者の方が注目する中、「じゃんけん大会を開催します」とのアナウンスが。 景品付きのじゃんけん大会ということだけあって、参加者のやる気は十分。
じゃんけんのお相手は、オープン当初から入居しているという女性の方。勝った人のみが残っていく方法で勝者5人を決めていきます。

全員立ちあがりじゃんけん大会スタートです。



スタートしたのもつかの間、なんと2回戦目で5人が決まってしまいました。これには司会者のお二人もびっくりのご様子。

勝ち残った5人はどのような景品を貰えるのかワクワクしていましたが、そんなうまい話があるわけなく、この5人である勝負をし、勝ち残った3人に景品が貰えるようです。

その勝負というのがバラエティー番組の罰ゲームでお馴染みの「ストッキング相撲」です!その様子がこちら。



5人が頭を入れることができるように結ばれたストッキングを手に、若干抵抗しつつも頭を入れ始めるじゃんけん勝者の5人。



頭をすっぽり入れ、ストッキング相撲スタートです。 白熱した試合を制したのはこちらの男性。



ちなみに景品はこちら。1位の金額は年々アップしてるそうです。



じゃんけん大会・ストッキング相撲はかなり盛り上がり、イベントの第一部が無事終わりかけていた頃、キッチンの方ではまさかの女性陣によるストッキング相撲が開催されていたのです。



バラエティー番組では罰ゲームとして行われる、出来ればやりたくないようなゲームにも関わらず、自ら率先して本気で取り組む姿を見ていると、ついついレポートを忘れ試合に夢中になってしまいました。

勝っても商品がもらえるわけではなく、そして異性の目があるこの環境で体を張る女性入居者の周りは笑顔に包まれていました。




これぞ本当の地下アイドル!?地下のパーティールームでアイドルが登場です

女性陣のストッキング相撲が繰り広げられる中、会場前方では高木さんがせっせと何か準備を始めています。



4本のスタンドマイクを、女性の高さに合わせていく高木さん。いったい何がはじまるのでしょう。

実はこの時シェアハウスのイベントではありえないことが始まろうとしていました。 何と、本物のアイドルのライブがここ「THE VALUE SHARED HOTEL」で開催されるというのです。様々なハウスパーティーがあると思いますが、アイドルがライブを行うパーティーはここだけではないのでしょうか。

本日パフォーマンスをしてくれるアイドルというのが「LOVE JAMMIN」



トランペットを演奏しながら、歌って踊るアイドルとして活躍しており、ディズニーランドでも演奏をしたこともあるというかなりの実力者!

通常のハウスでは音漏れが心配ですが、地下のパーティールームということもありシェアメイトやご近所に迷惑をかけずに楽しむことができます。とは言いつつも多少の音漏れもあるようなので、イベント時には必ずドアを閉めるようにしたり、隙間を作らないような工夫をしていました。イベントに参加しないシェアメイトへの気遣いも忘れていないのはいいですね。


ライブの準備ができたところで、参加者の方は続々と前の方へ集まってきます。 いよいよライブスタートです。

ライブが始まったとたん男性陣の目の色が変わりました。 誰が持ってきたのかも分からないペンライトを持ち、いわゆるオタゲーのような振付をして会場を盛り上げます。



高木さんの照明などの演出により、一層ライブ感が増します。



アンコールも行われ、かなり盛り上がりをみせたライブとなりました。

ライブ終了後始まったのは、グッズ購入と特典の写真撮影会。



終始ハウスパーティーであることを忘れてしまいそうでした。 最後は大きなクラッカーの音とともに、イベントは幕を閉じました。





パーティー主催者高木さんに迫ります

様々なシェアハウスのイベントに参加させていただいた中で、ここまで本格的なハウスパーティーは初めてでした。
そんなパーティーを開催している人物が、レポートの様々な場面で登場している高木さんです。



高木さんがいてこそハウスパーティーが成り立つといっても過言ではないくらい重要な人物です。といっても高木さんは他の人と変わらない、入居者なのです。運営会社のスタッフさんでも、オーナーさんでもありません。

「趣味がエスカレートし、ここまで来てしまった」

そう高木さんは言います。職業柄、イベントを開催することが好きな高木さん。自腹を出してでも、睡眠時間を削ってでもイベントが成功させるために、どのイベントでも全力で準備をしてきたそうです。

今回もクリスマスということで、鶏肉をたくさん事前に注文したり、飾り付けをしたり、照明を取り付けたりとトータル3日間もかけて準備をしたそうです。

また映像にもかなり凝っており、退去者に向けたサプライズムービーを制作していたり、イベント進行時にモニターを使った演出をしたり、イベントの最後にはエンドロールを流したりとまるでTV番組の生放送を見ているような気分でした。



ではなぜここまでハウスパーティーに力を注げるのでしょうか。 何か特別な理由があるのかと思いお聞きしましたが、特に理由はなく、ただただ趣味の範囲でやっているとのことでした。

きっとシェアハウスという居場所が好きで、そんな場で自分の好きなイベントを開催することで、シェアメイトが喜ぶことに幸せを感じているのではないでしょうか。 こんな素敵なシェアメイトがいるシェアハウスだと、入居してみたくなりますね。

といっても、一人で開催することは、規模的にもかなりしんどくなってきたため、今後は他のシェアメイトと共に創り上げていきたいとのこと。 パーティーを行う毎に規模を大きくし、盛大なハウスパーティーを開催したいそうです。

現在絶賛イベント担当を大募集しているとのこと。誰かと何かを創り上げたい方、ぜひ一度「THE VALUE SHARED HOTEL」のイベントに参加してみてはいかがでしょうか。




「THE VALUE SHARED HOTEL」に住む人の特徴

高クオリティのイベントが開催されている「THE VALUE SHARED HOTEL」でしたが、一体どのような入居者さんが住まわれているのでしょうか。イベントに参加している入居者さんにお話をお伺いしてきました。

まずなぜシェアハウスを選んだのでしょうか。

シェアハウスに住む理由は様々あると思いますが、インタビューをした方全員が口にしたことは「寂しがり屋だから」でした。 一人暮らしをしていた方や、初めて上京する方にとって、シェアハウスというのは、誰かがいるという安心感があります。ですので、寂しがり屋の人はシェアハウスを選ぶ傾向が強いのかもしれません。



そしてこの物件を選んだ理由も、ほぼ全員が「水回りが設置されているから」という同じ理由でした。お部屋に水回りが設置されているシェアハウスは少ないため、魅力を感じる人が多いのかもしれません。
また冒頭でも述べましたが、お部屋には水回りがついている以外に、リビングが地下にあることから、無理にシェアメイトと会わなくても過ごせるような環境になっています。そのため一般賃貸より安い賃料で、一般賃貸と変わらない環境で生活をすることができてしまいます。

このような環境だと、交流を求める人と、全く求めない人がはっきり分かれているというのも入居者さんの特徴です。

リビングに定期的に集まる人は、20~30人程度だそうで、約半数の人が、主に個室メインで生活をしてるそうです。一番長い入居者さんはプライベートを重視しているようで、あまりリビングに来ていないとのことだったのですが、イベント時に誰もその方を知らないということが判明!
このように、シェアメイトとの交流を楽しみたい方はもちろんのこと、プライベートを重視したい方にもストレスなく住めるオススメの物件となっています。



とは言っても、シェアハウスに住むからには、入居者さん同士のコミュニケーションを楽しんでいただきたいのが本音です。

このハウスは交流をしたい方同士、かなり強いつながりができているようで、定期的なイベントはもちろん、シェアメイトのアルバイト先へ飲みに行ったり、階対抗でスポーツ大会をしたり、入居時・退去時・誕生日など節目の日にサプライズをしたりとかなり仲が良い様子でした。リビングにはそれを裏付けるように写真がたくさん飾られており、素敵な関係性なのだと感じました。



「イベントを通して交流を楽しみたい人」
「プライバシーを重視したい人」
「週末に軽くルームメイトと飲みたい人」

自由なスタンスで生活できるシェアハウス「THE VALUE SHARED HOTEL
一般賃貸に住むか、シェアハウスに住むか悩んでいる方は、ぜひ内覧に来てみてはいかがでしょうか。



おまけ情報 101号室の秘密

このシェアハウスには101のお部屋がないのです。4という数字が死を連想させ、縁起が良くないということで外されることはありますが、101がないというのは珍しいですね。

では一体なぜ101のお部屋がないのでしょうか。



実は101は「101 room cafe」という本物件併設のCaféだったのです!
こちらのカフェは、入居者の方はもちろんのこと、一般のお客さんも利用できます。しかもこちらのカフェのマスターはかなり有名な方らしく、様々なコラボ商品を開発しておられるとのこと。



そんなマスターのお料理を1,000円~1,500円という値段で食べれるというのはかなりレアなことだそうです。さらに、入居者の方は500円で食べれてしまうという特典付き!料理が苦手な人でも、ここに住めば食事には困りそうにないですね。

私も「101 room cafe」でランチをご馳走していただきました!



とっても美味しく、あっという間に食べてしまいました。野菜もしっかり摂れ、ご飯・スープがお替り自由というのは、かなりお得なランチです。

内覧に行った際はぜひ、「101 room cafe」にも足を運んでみてはいかがでしょうか。ハンチングの似合うスタッフさんが美味しいご飯を振舞ってくれると思います。


【ガールズレポーター募集】
シェアパレードでは、シェアハウスを紹介するガールズレポーターを募集しています!
詳細は、こちらから。