EXperiences

シェアハウス体験談

リアル住人登場。ぶっちゃけシェアライフ緊急座談会 ②「やっぱ最初は超気ぃ遣った!」

リアル住人登場。ぶっちゃけシェアライフ緊急座談会 ②「やっぱ最初は超気ぃ遣った!」

——シェアハウスに住み始めた当初はどうだった?

おうすけ:やっぱり……洗濯機の……音が……。

一同:(笑)

しょうへい:洗濯機ある部屋の隣だもんなぁ。

おうすけ:あと、洗濯に来る住人がドアを開けるときの「ピピッ」っていう……。

——ああ、ドアのカードキーの音!(笑)。たしかに、おうすけの部屋は人の往来が多い位置にあるもんね。

おうすけ:あと、帰ってきたときとかにエレベーターで人と顔を合わせたりするのも戸惑って。人と住むのって最初は大変に感じたけど、3か月くらいしたら慣れた。

——洗濯機と「ピピッ」も?

おうすけ:洗濯機と「ピピッ」も慣れたね。住んでる人たちが安心できる人たちばかりだったし。

——何が安心できた?

おうすけ:みんなすごく大人というか、付かず離れずの関係の持ち方がすごくうまくできてる感じで。もともとあまり取り込まれすぎるのも好きじゃないんだけど……でも、途中から入った側としては、「最初はあまり相手にしてくれないんじゃないかな」っていう心配もあったんだけど、懐深く受け入れてくれる人たちがたくさんいて、あ、居心地いいなって。

——へえ、そう感じたんだ。

そう。あ、ここ住みやすいかもって。そう思ったら音とかもあんまり気にならなくなった。

——へぇ~人に対する安心感で気にならなくなるのかぁ。じゃあ、しょうへいは入った当初どうだった? 19歳だから、アラサーが中心の中でけっこう年齢差があるじゃん? それはどうだった?

しょうへい:あぁ~最初は気まずかったっすね。会話があんまり被んないじゃないですか。みなさんほんと大人の人たちなんで、若いノリとかしたらおかしいだろうし。最初はいろいろ考えてましたけど、でももう今は何も考えずに気楽になったんで。

——考えてたって、何を考えてたの?

しょうへい:地元の熊本から移ってきた身としては、東京で働いてる社会人とどういう風にしゃべればいいんだ? って。自分なりに結構気は遣ってましたね。

——淋しかった?

しょうへい:そりゃもう、クソ淋しかったっすよ。

一同:あははは!(笑)

——しょうへいは一番年下だからみんなに敬語じゃん? しんどくないの?

しょうへい:いや、しんどくないっすね。野球部だったっていうのもあって、敬語は使い慣れてるんで。全然そこは大丈夫っす。

——すごいねぇ。じゃあ、なみっきーは?

なみっきー:私の場合は……14人の前のシェアハウスのオープニングのときは、みんな出会いに意欲的で、仲良くなろうって雰囲気があって毎日飲んだりしてたけど。ここは最初、広い共有スペースに対してあんまり人いないなーっていう印象だった。で、私も年上の人が多かったから最初すごい気遣ってた。

——そうなんだ。それはどういう風に?

なみっきー:最初は毎日6階に来て、一緒にご飯食べたり。一緒にご飯食べると仲良くなれるって気付いて。

——へえ~!

なみっきー:つくった料理を「食べます?」みたいな感じで、人脈広げてた(笑)。

——そうなんだ。努力したんだね〜。大変だな、年下。

なみっきー:そうそう(笑)。


——おうすけも気遣った?

おうすけ:俺も気遣った。でもね、たぶん、男とかはとくに、敬語の方が楽なんだよ。部活とかやってると。

しょうへい:逆にそうっすよね。

おうすけ:敬語ってある種壁をつくるような接し方だから、ソツなく生きていくには敬語が一番。だけど、ここではあえて一歩二歩踏み込んで、あえてタメ語でしゃべったり、あだ名で呼んだりとか、敬語を使わないスキルを使ってるかもしれない。その方がけっこう大変だったりして。

——へえ~!

おうすけ:「あ、おはよー」って言うのも初めのうちはけっこう恥ずかしかったりしてつい「おはようございまーす」みたいになっちゃったり。タメ語も大事なスキルというか、意識的にやんなきゃなーって思ってる。

——最初の方、共有スペースにあんまり来てなかったよね? それはなんで?

おうすけ:なんかね、「あ、騒いでるな」とか思うと、「どうしよっかな?」ってチラッと覗いちゃう、みたいな(笑)。

しょうへい:ああ~(同意)。

なみっきー:あはは(笑)

おうすけ:「今からちょっと入りづらそうだな〜」とか最初は気を遣ったりしてたんだけど。今は気にしてない。

——へぇ~。しょうへいもなの?

しょうへい:俺も、「みんな盛り上がってんなー」とか思って、そういうときにドア解錠の「ピピッ。ガチャッ。」みたいな音がしたら気まずいな、みたいな感じでしたね、最初は。

——そうなんだ! 大変だなあ。

おうすけ:え、感じなかったの?

——うん、別になかった。

しょうへい:おくまりさんはなさそうっすね(笑)。

<続く>

svgこの記事を書いた人
奥 麻里奈

1982年8月3日生まれ、獅子座、O型。大阪府出身。都内のオフィス複合型シェアハウスに住む、フリーランスの三十路ライター。美容専門誌編集者としてまだ出版社に勤めていた2012年1月からシェアハウス生活をスタート、1年後に独立。現在は、ファッション・ビューティからキャリアビジネスまで分野を問わず活動中。シェアハウス内のラウンジがおもな仕事場。趣味は服と読書。 『奥 麻里奈ドットコム connecting 個性美の解放』 http://okumarina.com