GIRLS REPORT

物件レポート

vol 132

健康的な出不精になるソーシャルマンション

シェアレジデンス青葉台

こんにちわ。おうちにロードバイク!カラオケ付きのスナック!酸素カプセル!ドラムやキーボード完備の音楽室!とてもおうちとは思えない設備がそろったソーシャルマンション『シェアレジデンス青葉台』の内覧に行ってきたゆみです。

私、実は1年半以上シェアハウスに住んでいたので、シェアハウスの基本はすべて熟知しております。ただ、ソーシャルマンションという言葉は初耳。シェアハウスとの違いを管理会社の方に聞いたら、「お部屋が完全にワンルーム仕様で、専有部にバスルーム・洗面・トイレ・キッチンが完備されていて、更に入居者同士が交流できる大きなラウンジを設けている物件」との回答がありました。なるほど、通常のシェアハウスであれば、お部屋にバスルームやトレイなどの水回りがないけど、こちらのソーシャルマンションにはそれがあると。これは、プライバシーもしっかり確保できて安心感がありますね。それに、私カラオケが大好きで、ハウス内にあるのがポイント高し。

場所は、田園都市線の青葉台駅から徒歩10分。青葉台駅から渋谷駅まで29分で乗り換えなしで行けちゃいます。渋谷勤務の方には必見ですね!それでは、早速『シェアレジデンス青葉台』をレポートします。



シェアレジデンス青葉台を案内してくれたのはシェアデザインの麻生さん

ゆみ「はじめまして、本日は物件の案内よろしくお願いいたします。入り口に入ると自転車がたくさん!これは一体なんですか?」

麻生「ゆみさん、こんにちわ。こちらはアスリートラウンジでして、最近、体を動かしていなかった方に向けて、気軽に運動できる環境を提供したいと思い、ズイフトという通信で世界と繋がれるロードバイクを用意致しました。ロードバイクが4台あるので、みんなで競争したりゲーム感覚で楽しめるようになっています。ゆみさん、ロードバイクに乗ったことはありますか?」

ゆみ「ないです。乗ってもいいですか?実は、私以前、シェアハウスに住んでいたのですが、そこにはこんな遊び心のある設備はなかったです。」

麻生「もちろん、どうぞ。当社は、ASOBI ESTATE(不動産)を謳っておりまして、遊び心のあるシェアハウス作りを心掛けています。当社のたまプラーザの物件では、サバイバルゲームが出来ますよ!」

ゆみ「サバイバルゲーム?とっても面白い不動産屋さんなんですね。」


ゆみ「あ、すごい。ペダルを漕ぐと、画面上のロードバイクが走り出す!」

麻生「はい、ロードバイクと画面が完全に連動しています。なので、山道になるとペダルが重くなったりします。」

ゆみ「そうなんですね!これ、みんなでやったらとっても面白そう。」

麻生「既に入居されている方は、4人でレースしたりなど楽しんでいるようです。運動とかトレーニングって、一人だとなかなか長続きしないことが多いですが、みんなでゲーム感覚ですると継続できると思います。」


ゆみ「あ、こっちのロードバイクの方が漕ぎやすい!」

麻生「そうですね、そちらは女性用なので、女性の方はこちらがよろしいかと思います。当社のスタッフは、ほぼトライアスロンをやっています。入居者の方も誘って、2017年8月27日の木更津のトライアスロンの大会に出る予定なので、ゆみさんも是非。」

ゆみ「趣味で繋がるって、楽しそうですね!私でも出来るかなぁ~。」


麻生「トレーニング後、疲れたらこちらのマッサージチェアでリラックスしてください。」

ゆみ「すごい!私が以前住んでいたシェアハウスも大型物件でしたが、マッサージチェアはなかったなぁ。これがあると、毎日使っちゃいそう。」


ゆみ「マッサージチェアの前に壁に掛けられているロードバイクかっこいいですね!」

麻生「ありがとうございます。こちら、イギリスのロードバイクのブランド“ヘティンス”なんです。いま、これを作れる職人さんは一人しかいなくて、ヴィンテージとしての価値も高いんですよ。」


ゆみ「暖炉まであって、大人の秘密基地みたいですね。」

麻生「この暖炉、バイオエタノールを燃焼させるタイプでして、バイオエタノールは煤や煙、有害物質をまったく出さず、煙突を設置する必要がないのです。地球に優しいエコな暖炉なのです。」


ゆみ「ここにもロードバイクがあるけど、さっきのとはちょっと違いますね。」

麻生「これはSpinnerというロードバイクで、フィットネスクラブでもよく導入されているモデルです。向こうにDJブースがあるので、音楽に合わして、いい汗をかくことが出来ますよ。」

ゆみ「音楽×ロードバイクって、新しい境地ですね。ここがシェアハウス(ソーシャルマンション)であることを忘れてしまいそうです。」


ゆみ「内装やインテリア、この感じ私好きです。」

麻生「ありがとうございます。北米や北欧ではロードバイクのファンが多く、そこを意識して内装を作り込んでおります。」

ゆみ「通りで、異国情緒あふれる空間になっているんですね。」



魅力はおうちで運動ができることだけはないようです。カフェみたいな大きなラウンジは居心地最高。

麻生「ゆみさん、以前、シェアハウスに住まれていたとか?」

ゆみ「はい、愛知の実家に住んでいたんですが、一度は東京に行きたい!と思い、2年前に上京してきたんです。その時、シェアハウスという存在を知って、家具・家電が揃っていて、初期費用がとっても安く、そして共用部がカフェみたいな空間になっているところが気に入って、入居を決めたんです。ただ、東京ではなく埼玉でしたが(笑。最初は半年間だけと思っていたのですが、居心地が良すぎて、結局1.5年以上住んでいました。」

麻生「そのような話、ちょくちょく聞きますね。最初は短期のつもりで入居したけど、結局長期で住んでしまったって。その理由って何ですか?」

ゆみ「以前のシェアハウスのラウンジも、ここの物件のラウンジもそうですが、カフェみたいで居心地のいい空間があるのがポイントだと個人的には思います。居心地がいいので、自然と人が集まってくるんですよね。そこに集まってくる人って、なぜかポジティブな人が多くて。自分を受け入れてくれて、新しい一歩を踏み出す時、背中をそっと押してくれる。そんな方が多かったので、家族みたいになっちゃって。そこにずっと居たくなっちゃうんですよ。」

麻生「とても魅力的なシェアハウスに住まれていたのですね。当社の管理しているシェアハウスでも、似たようなお話はあると思いますよ。」


ゆみ「このレトロなテレビ、とてもかわいい。」

麻生「ダイヤル式で、回すとチャンネルが変わるんですよ。もちろん、リモコンでもチャンネル変更できます。」


ゆみ「シェアデザインさんでは、人と人の交流が生まれるようなイベントとかしていますか?」

麻生「当社では、毎月、全シェアハウス合同のお誕生日会を実施していて、ハウス間の交流も盛んになっています。また、夏にはフットサル大会、冬にはスノボーツアーを開催していたり。この秋には、三浦海岸のシェアハウスで、シーサイドフェスを開催できればと思っています。」

ゆみ「楽しそうですね!シーサイドフェス、私も行ってみたいです。」



麻生「お部屋にキッチンがありますが、共用部にも業務仕様のキッチンを用意しています。ゆみさんは、料理しますか?」

ゆみ「料理、結構します。料理よりもお菓子作りが好きで、クッキーとかケーキをよく前のシェアハウスで作っていました。なので、この業務用オーブンはとても活躍しそうですね。」

麻生「美味しいケーキと珈琲があれば、家カフェですね!」



音楽室に、スナックに、酸素カプセル?エンターテイメントと癒しのある暮らし

麻生「カフェラウンジの隣に、音楽室を用意しています。防音設備になっているので、ドラムを思いっきり叩いても、ラウンジには聞こえませんよ。」

ゆみ「ドラム叩いてみたいです!」

麻生「ぜひ。電子ドラムになっているので、ヘッドホンをすれば、エレクトーンを気にせず練習できますよ。」

ゆみ「ここは24時間、使用できるのですか?」

麻生「使用可能時間は、10~22時になっています。」


麻生「こちらは、会員制のスナックです。」

ゆみ「スナック!!始めてきました。なんで、スナックがソーシャルマンション内に?」

麻生「入居者の平成生まれの割合が増えて来ている中、昭和の伝統を残していきたいと思いまして。」

ゆみ「なるほど。女子会はラウンジ、語りはスナックとか使い分けが出来そうですね。」


ゆみ「ここにあるお酒は飲んでもいいですか?」

麻生「ウィスキーは、ここにある分は自由に飲んで頂いて構いません。ビールサーバーは、月1回補充しますので、定期的に飲むことが出来ますよ。」

ゆみ「すごい!おうちで生ビールが飲めるなんて!」

麻生「無料なので、早い者勝ちですね。」


麻生「スナックには欠かせないカラオケ設備も用意しています。」

ゆみ「私、カラオケ大好きなんです!前のシェアハウスに住んでいた時も、よくシェアメイトと行きました!」

麻生「新しい曲が常に追加されていくので、最新曲を歌うことが出来ますよ。なお、1曲100円となっています。」

ゆみ「最新曲まで!これだと出不精になってしまいます。」


ゆみ「あ、酸素カプセル!入ってもいいですか?」

麻生「もちろん。こちらも無料で使用頂けるので、体が疲れているな~と感じた時は、ぜひ活用ください。」

ゆみ「これ、疲労回復や美肌効果があるんですよね!これがおうちであるのは本当に嬉しい!」

麻生「当社の他のシェアハウスでも導入していますが、とても好評いただいています。カプセルの中にコンセントがあるので、スマホを操作しながら、ゆっくりできますよ。」

ゆみ「スマホで動画見ながら、リラックスとかいいですね。」


麻生「ドトールのコーヒーマシーンを用意しています。」



ソーシャルマンションの真骨頂?お部屋にバスルーム・洗面・トイレ・キッチン完備。

麻生「このソーシャルマンションは、5階建てなので、エレベーターでお部屋に行きましょう」

ゆみ「エレベーターの前に、チェアがあっていいですね。座って待てますね。」


麻生「こちらがお部屋になっています。」

ゆみ「日当たりがとってもいいですね!以前、閉鎖的なお部屋に住んでいたことがあるのですが、体調不良になってしまって。その時、日光って大事だなぁと思いました。」

麻生「通常ワンルームマンションと同じように、バルコニーも付いています。」

ゆみ「洗濯物が外で干せるのがいいですね。部屋干しは、時間が掛かるし、臭いも気になるし。」


ゆみ「以前住んでいたシェアハウスに、こんな大きなクローゼットありませんでした。女子は荷物が多いので、これだけ大きいと助かります。」

麻生「以前のシェアハウスのお部屋の広さはどのくらいでした?」

ゆみ「13平米くらいでした。」

麻生「ここは20平米以上ありますので、お部屋でゆったりできますよ。」


麻生「お部屋はワンルーム仕様なので、キッチン完備です。」

ゆみ「本格的な料理は、共用部の業務用キッチンで、焼きそばとか焼うどんなど簡単なものはお部屋で作る、そういった使い分けが出来そうですね。」


ゆみ「仕事から疲れて帰ってきたときに、すぐお風呂入りたい!という時がありますが、お部屋についていれば、待ち時間もないし、他の方を気にすることなく長風呂できるのもいいですね。」

麻生「はい、ソーシャルマンションならではの設備です。普通のシェアハウスでは、水回りまでお部屋に付いていませんので。」


麻生「インターホンは、直接お部屋に繋がります。」


麻生「家具ありのお部屋と家具なしのお部屋、両方用意しています。」

ゆみ「私は、家具ありのお部屋がいいですね。」

麻生「今、シェアハウスに住まれている方は、家具ありのお部屋がよろしいかと思いますし、今ワンルームマンションに住まれている方は、家具なしのお部屋がよろしいかと思います。」


ゆみ「専用のシューズBOXがあるのがポイント高いですね。実は、私30足以上持っているので。」

麻生「30足!それだと、普通のシェアハウスだと玄関に置けないですよね。」

ゆみ「はい、なので、以前はお部屋に置いていました。ここなら、そういった心配もなさそうですね。」


麻生「玄関はオートロックで、防犯カメラも設置されているので、若い女性でも安心して暮らせるように配慮しています。」

ゆみ「セキュリティーも重要ですからね。」



新しい一歩を踏み出すには最高の環境かも。

ゆみ「シェアハウスに対して、とても偏見をもっていました。男女でワイワイしているのがあまり好きじゃなくて。今までそういった環境にいたことがなかったので、どこかチャラい目で見ていたのですが、実際に住んでみると、私もそっち側の人間になってしまって(笑。いつの間にか家族みたいになっちゃうんです。それだけ温かい場がシェアハウスにはあるんだと思います。このソーシャルマンション『シェアレジデンス青葉台』は、そういった場と完全なプライベートの両立がうまくでいている物件だなと思いました。
私みたいに、地方から上京してくる方には、ぜひ、こちらの物件を見て頂きたいです。」



・*.゚ゆみの『シェアレジデンス青葉台』チェックポイント゚.*・

★アクセス青葉台駅から徒歩10分です。渋谷までは乗り換えなしでいけます。
★収納お部屋には大型クローゼット・専用シューズボックスがあります。
★オシャレ異国情緒あふれるアスリートラウンジとカフェラウンジは必見。
★賃料4.68~5.28万円(共益費1.28万円) ハイスペック設備が付いていて、ワンルーム仕様のお部屋がこの賃料。
★ルール友人の宿泊OK。ただし事前申請あり
全館禁煙
掃除は週数回、清掃業者が実施してくれます。
★水周り各お部屋に専用のバスルーム・洗面・トイレ・キッチンが付いています。
★セキュリティオートロックに防犯カメラがあります。

基本データ
物件名称 シェアレジデンスたまプラーザ
アクセス たまプラーザ駅  徒歩7分
賃料 26,800 ~ 55,800円
部屋数 66部屋
運営会社 株式会社シェア・デザイン
【ガールズレポーター募集】
シェアパレードでは、シェアハウスを紹介するガールズレポーターを募集しています!
詳細は、こちらから。