【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

TVコマーシャルで聞く「30年一括」は本当か?

次に、建物の話をします。

テレビや新聞では、「30年一括借上」「賃料10年保証」といったキャッチコピーのもと、土地所有にアパート・マンション投資を呼びかけるCMが後を絶ちません。
誰でも名前を知っているような最大手ハウスメーカーから、アパート建築専業大手、中小建築業まで、押しなべてアパート建築に力を入れています。

古くから、一括借上システムを売り文句にして事業を拡大してきたアパート・マンションメーカーは多くあります。こういったメーカーは、どちらかというと、このコラムをお読みいただいて勉強熱心な不動産投資家ではなく、賃貸経営の知識を持たない地主さんをターゲットにしています。

「相続税対策になりますよ!」
「アパート経営がわからなくても大丈夫。30年一括借上げシステムで安心ですから!」
と営業姿勢は非常に熱心です。
念のため説明すると、「一括借上」とは、空室の有無に関わらず毎月一定の借上げ賃料を、建築会社(の系列の家賃保証会社)がオーナーに支払うシステムです。家賃保証、サブリースともいわれます。

メーカーが地元の金融機関とタッグを組んでいる場合もあるようで、融資はかなりの確率で通ります。

TVコマーシャルの成果でしょうか、セールスマンが熱心なのでしょうか、地方に行くと、同じエリアのあちこちで似たようなアパートが建てられている町があります。とても需要があるような思えない地域に、ピカピカのアパートが乱立している風景を見ると、なんともいえない気持ちになります。

たしかに、更地だった土地に、賃貸住宅を建てることで、節税効果は見込めます。自分の代で農業をおしまいにしようと考えているおじいちゃんから見れば、興味深い提案に思うかもしれません。
懇意にしている銀行の紹介で現れたメーカー営業マンをむげにすることもできませんし、テレビCMや新聞広告を掲載しているような有名メーカーですから、「まさかこちらを騙すようなことはするまい」という思い込みもあるでしょう。


「息子さん、娘さんのために資産を残してあげたらいかがですか?」
「今がチャンスですよ。決断しましょう。」
と説得されたら、
「そうだな。畑をつぶしてアパートを建てようか。」
そう判断してしまいたくなるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。一括借上げシステムは、一見すると「大家さんのリスクゼロで毎月決まったお金がはいってくる便利なシステム」に見えますが、そんなうまい話が本当にあるのでしょうか?
次回、そのリスクについてお話したいと思います。

ページTOPへ戻る