GIRLS REPORT

物件レポート

vol 84

シェアハウスの百貨店

クーベルチュール田端

住み心地のよいおうち

こんにちわ。今回、田端にあるシェアハウス『couverture(クーベルチュール)田端』の内覧に行ってきたかおりです。

日本のシェアハウスを内覧したのは初めて。シェアハウスの知識は、全然なくて、テレビ番組『テラスハウス』を時々見ていた程度です。友人の宿泊とかOKなの?どんな人が住んでいるのですか?などなど、初心者的な質問をたくさんしてきました。

そして、住み心地のよいシェアハウスってどういう物件なのか?と入居を検討している人ならとっても気になる質問もしてきたので、是非、以下のレポートを読んでいただければ嬉しいです。



クーベルチュール田端を案内してくれたのは大手企業にて社長秘書をされていた高野さん

山手線「田端」駅から徒歩4分ととっても便利なエリアにあるシェアハウス『couverture(クーベルチュール)田端』を案内してくれたのは、誰もが知っている超有名企業にて社長秘書をされていた高野さんです。私も社長秘書の仕事をしているので、なぜシェアハウスのお仕事をしているのかとっても気になっちゃいました。もしかしたら、私も数年後、シェアハウスのお仕事をしているのかも?とちょっと想像してしまったり。

かおり「高野さん、本日は物件の内覧よろしくお願い致します。もともとは社長秘書をされていたとお聞きしたのですが、なぜ今はシェアハウスのお仕事をされているのですか?」

高野「よくご存じですね(笑。今、勤めている会社FOR.Cと出会ったのは3年前です。新しいことにチャレンジしてみたいと思っていたところ、FOR.Cの社長と私の共通の知り合いが、FOR.Cに引き合わせてくれました。

秘書の仕事内容って、ピンキリなのですが、ホスピタリティがないと務まらない業務です。ボスのために尽くす、といった感じで。シェアハウスのお仕事もいっしょ。シェアハウスはワンルームとは違って共同生活なので、コンシェルジュ的な立ち位置の方がホスピタリティを持って入居者と接していくことがとても大事なのです。意外に、秘書の業務と似ているなぁ、と思ったのがこのお仕事を始めたきっかけです。」


かおり「田端以外にもクーベルチュールの物件があるようですが、クーベルチュールシリーズの特徴とかあるのですか?」

高野「私達は、

シェアハウスに住んでる = 羨ましい

というイメージを作っていきたいと思っています。なので、常に上質な空間造りを心がけています。シェアハウスは、低所得の人が住んでいると勘違いしている人がまだまだ多いのです。実際、クーベルチュールシリーズの入居者さんは精神的にも金銭的にも自立している方が多いのに。だから、そんなイメージを払しょくできるように、クーベルチュールシリーズでは、“シェアハウスの百貨店”と呼ばれるようなハウスを提供しています。」



カフェテーブルのある開放的なキッチン

高野「クーベルチュールシリーズに住まれる方は、料理好きの方が多いのです。ハウスによっては、スイーツ男子もいたり。だから、キッチンはこだわりの設備を入れています。オーブンレンジはHEALSIOだったり、業務用冷蔵庫を完備していたり。また、ゆったりしたスペースも確保しているので、みんなで料理をして、コミュニケーションを図って頂きたいと思っています。」

かおり「すごい!HEALSIOまであるんだぁ。今は実家に住んでいるので、料理する機会がめっきり減ってしまいましたが、こんな素敵なキッチンなら、作るモチベーションがグッとあがっちゃいます。」



1階の天井高は3.1m!

かおり「1階の天井の高さが3.1mもあってとっても開放感があります。また、シーリングファンが2つ付いているので、冷房効率はとってもよさそうです。」


かおり「ダイソン製の冷温風機を発見。こちらのダイソンも、さっきのHEALSIOもそうだし、そしてリビングにある60chの大型テレビもそうだけど、シェアハウスって高級家電が揃っているですね。リビングには、小さいソファとテーブルくらいしかないと思っていたので、ちょっと驚きです。」



3Fには女性専用のラウンジも

3階と4階は女性専用フロア。ここから先は男子禁制です。


高野「3階からは女性専用のフロアになります。
お風呂に入って化粧を落とした後に、食事をしたい場合は3Fのラウンジを使用して頂ければ、油断しても大丈夫ですよ。また、バスルームやトイレや洗面所なども3Fにあるので、わざわざ1~2階の共用フロアに行く必要もありません。

男女共用物件ですが、女性が住みやすいような設計をしているので、安心して住むことが出来ますよ。」

かおり「女性への配慮がしっかりされているのですね。高野さんのお聞きしたいのですが、住みやすいシェアハウスってどんな物件ですか?」

高野「先ほどの通り、女性への配慮が考えられている作りになっているかどうか、そして何よりも重要なのが管理会社の努力です。今は、オープン前なので、とってもキレイな状態ですが、物件によっては1年後2年後にどんどん劣化していきます。それは管理をしっかりしていないからですね。でも、クーベルチュールシリーズの物件は、3年後も5年後も今のこの状態を維持しています。清掃に関してもクオリティーの高い業者を採用していますし、ハウスルールの順守を入居者様にしっかりお願いしていますし、そして、毎週弊社のスタッフがハウスに来て、チェックするようにしています。ですから、クーベルチュールシリーズは、長期間の入居される方が多いのが特徴的です。」

かおり「そうなんですね。管理会社の方の努力で、物件がキレイに保たれ、住みやすいハウスになっていくのですね。また、3年後とかに来て、チェックしてみたいです!

話はまったく変わっちゃいますが、3Fのラウンジは天窓があって、気持ちいいですねぇ。」


かおり「3階のキッチンも本格的なものですね。てっきり、おまけみたいなものかと思っていました。」


かおり「わぁ~。レンガは壁紙と思っていたら、本物でした。私の大好きなブルックリンパーラーを思い出します。」



26の部屋には様々な個性が♪

高野「1~4階で、26のお部屋があります。ベッド、ベッド下収納、机、イス、オープンクローゼット、エアコン、冷蔵庫、部屋干しフック、など生活に必要なもの、そしてあったら便利なものが揃っています。トランクケース1つあれば、気軽に新生活を始められますよ。」

かおり「本当に何でもそろっているんですね。乾燥機に掛けられない洋服を結構持っているので、個人的には部屋干しが出来るのはポイントが高いですね。そして、冷蔵庫があると、お茶とか気軽に出せるからとっても便利だなぁ。」


かおり「お友達が遊びに来たり、宿泊したりするのは大丈夫なんですか?」

高野「はい、クーベルチュールシリーズの物件では、友人の宿泊なども出来るようになっています。ただし、宿泊は同性の方に限ります。また、宿泊する場合は、共益費として500円を頂く形になっています。」


高野「こちらは、専用の大型バルコニーが付いているので、ちょっとお買い得感のあるお部屋ですね。ガーデニングするのもいいですし、テーブルとイスを置いて、第二のリビングにしてもいいですね。」

かおり「プライベートテラスが持てた気分になれて、いいですね。」


高野「1階のお部屋は天井が高いので、ロフトタイプになっています。」

かおり「本当にいろいろなタイプのお部屋があるんですね。プライベートテラスのあるお部屋、ロフトのあるお部屋、眺めがとってもいいお部屋、そして、壁紙の種類が20とほぼお部屋毎に違うので、好みを選べるようになっているのがいいですね。」


花柄の壁紙です。(写真左上)
小鳥さんがかわいい壁紙です。(写真右上)
ドアの部分にフックがあります。(写真左下)
ベッド下収納があります。(写真右下)


部屋干し用のフックです。(写真左上)
専用バルコニーです。(写真右上)
個室も鍵が掛けられます。(写真左下)
テレビジャック・有線LANジャックがあります。(写真右下)



生活していくと気になるのが水回りの数

かおり「実際に住むと気になるのが、水回りの数が足りているのか、毎日混雑しないのか、そのあたりがちょっと気になります。」

高野「シェアハウスの場合、5人に1つ割合で水回りを用意するのが標準的と言われています。もちろん、大型物件になるとその限りではないようですが、1つの目安ですね。couverture(クーベルチュール)田端ですと、26部屋に対して、バスルーム2室とシャワールーム3室と合計5室、トイレは6室、洗濯機は6台と乾燥機は5台用意しているので、快適に使用できると思います。また、それぞれに女性専用を設けていますので、男性と同じのはちょっと...という方でも安心です。」


女性専用バスルームには窓も付いています。(写真左上)
きれいなシャワールームです。(写真右上)
洗面所は各フロアに用意されています。(写真左下)
ウォシュレット付のトイレです。(写真右下)


エントランス付近には待合スペースがあります。(写真左上)
入口までアプローチはとってもクールな感じです。(写真右上)
ドアはオートロックです。(写真左下)
エントランス上にはナノイーがあるので脱臭効果も抜群です。(写真右下)



生活者目線でしっかりつくられたシェアハウス

ニューヨークに3か月くらい留学に行った経験があるのですが、実はそこでシェアハウスに住んでいたことがあります。あまり家に居なかったり、最後の方は人数が少なくてほぼ貸切状態だったので、シェアライフをしたという実感をもっていないのですが、外国のシェアハウスのことは少し知ってたりします。

外国のざっくりとした作りとは全然違っていて、本日お邪魔したシェアハウス『couverture(クーベルチュール)田端』は、お部屋に部屋干しがあったりとか、エントランスには脱臭効果のあるナノイーがあったりと、本当に細かい所まで入居者のことを考えて作られているんだなぁと思いました。また、管理会社がとてもしっかりしているので、3年後5年後もキレイに保たれていて、長く快適に住める物件だと思います。

快適に住めるシェアハウスのお探しの方は、是非一度見学に来てみてくださいね。



クーベルチュール田端イメージムービー



・*.゚かおりの『クーベルチュール田端』チェックポイント゚.*・

★アクセス山手線の田端駅から徒歩4分です。終電が遅くまであるのが嬉しい。
★収納各部屋にはオープンクローゼット&ベッド下収納があります。キッチンもお部屋毎にフードストックがあって便利です。
★オシャレ開放的なラウンジは、とっても居心地がよいです。レンガが本物なのが個人的に◎
★賃料5.6~6.4万円(共益費1.3万円)住みやすくて、アクセスもいい物件で5.6万円はリーズナブル★
★ルール友人の来客、宿泊(事前申請)もOK。
全館禁煙
掃除は清掃業者が週1回実施してくれます。ゴミ出しは入居者当番制です。
★水周りバスルーム×2 シャワールーム×3 トイレ×5 洗濯機×6 乾燥機×5。
★セキュリティエントランスはオートロックです。お部屋の鍵も掛かります。

基本データ
物件名称 couverture(クーベルチュール)田端
アクセス 田端駅  徒歩4分
賃料 56,000 ~ 64,000円
部屋数 26部屋
運営会社 株式会社FOR.C
【ガールズレポーター募集】
シェアパレードでは、シェアハウスを紹介するガールズレポーターを募集しています!
詳細は、こちらから。