GIRLS REPORT

物件レポート

vol 144

シェアしたいのは楽しい時間と空間

こんにちわ。暮らすというよりかは、楽しむという言葉がしっくりくるシェアハウス『シェアレジデンス美しが丘』の内覧に行ってきたえりこです。こちら、バーカウンターからフィットネススペース・卓球にオンライン型レーシングゲームなどがあり、遊びが日常に溶け込んでいるような物件です。

シェアハウスと言えば、テラスハウスのイメージ。みんな顔見知りで、毎日積極的にコミュニケーションを取っているものだと思っていたけど、リビングのパブリックスペースと個室のプライベートスペースが明確に分けられていて、毎日濃い人間関係の生活というよりかは自分で距離感を自由に選べる生活なんだぁと思いました。男女6人の暮らしより、男女61人の暮らしの方が私には合っていそう。

場所は、たまプラーザ駅から徒歩3分。実際歩いてみると、とても近い!たまプラーザ駅に初めて降りたのですが、駅直結のたまプラーザテラスがあったり、東急百貨店があったり、週末のお買い物にも便利。イトーヨーカドーもあるので、日用品にも困ることがなさそうです。また、私の職場である三軒茶屋駅まで乗り換えなしで行けるのもいいですね。それでは、早速『シェアレジデンス美しが丘』をレポートします。



シェアレジデンス美しが丘を案内してくれたのはシェアデザインの三浦さん

三浦「えりこさん、こんにちわ。我々は、ASOBI ESTATEを謳っておりまして、住む場所だけでなく遊べる楽しい場を作ることを心掛けています。こちらにハウスには、えりこさんのおっしゃったシミュレーションゲームの他にも防音室やフィットネスなどもご用意しております。」

えりこ「週末、家から出なくても退屈しない一日を過ごせそうですね。」

三浦「当社にて運営・管理している他のシェアハウスでは、DJブースのある物件やスナックのある物件もございます。」

えりこ「そこまでいくと、おうちの領域を超えて、テーマパークの要素も入ってきますね。」



三浦「1Fは、入居者のみなさまが自由にご利用できるラウンジがございます。1つの大空間でありながら、ソファスペース、バースペース、ダイニングスペース、リラックススペースと様々な空間領域を設けており、適度な距離感を持ってお過ごしいただけます。」

えりこ「海外の別荘のようなオシャレな空間ですね。pinterestとかに出てきそう。テラスハウスのような豪邸も素敵ですが、海外風スタイルも好きです。」

三浦「気に入って頂けたようで嬉しいです。ソファの前に大画面TVがございますので、こちらでテラスハウスを鑑賞いただければと。」

えりこ「それは楽しそう。テレビも一人で見るより、みんなで見て、見終わった後に感想とか言い合える日常の方がいいですもんね。そういえば、あそこにあるゲームはなんですか?」

三浦「近くに行ってみましょうか。Aさん(リビングにいた入居者さま)も一緒にやりませんか?」

えりこ「ぜひ、一緒にやりましょう!アンティークなサッカーゲーム、画面上とは違った面白さがあります。Aさん、突然のお願いにも関わらず、付き合っていただきありがとうございました。」



えりこ「私、今まで実家から出たことがなくて。一人暮らしするのがちょっと怖いんです。」

三浦「何かあったのですか?」

えりこ「私はないのですが、一人暮らしをしている友人がストーカー被害にあったりしていて。」

三浦「女性はセキュリティ面が気になりますよね。シェアハウスの場合は、とくにこちらの大型物件の場合であれば、常に人がいるので、安心感があると思います。」

えりこ「そこ重要ですね。いざって時に頼れる人がそばにいる安心感は、シェアハウスならではですね。また、リビングにいる入居者さんもフレンドリーで、実際見てみると安心感がグッとあがりました。」

三浦「それはよかったです。こちらはバーカウンターですが、珈琲もお楽しみいただけます。」

えりこ「オシャレなインターネットカフェみたいですね。」



えりこ「美味しそうなお酒が並んでいますね。」

三浦「Barですから。えりこさんはお酒は飲みますか?」

えりこ「そこそこって感じです。普段は、ハイボールとかワインを飲みます。飾ってあるワインは飲んでもいいのですか?」

三浦「もちろん大丈夫です。早い者勝ちですよ!コロナ1本だけ既に飲まれていますね。」

えりこ「それなら、用がなくてもここに来ちゃいそうです。ちなみに、ゴールドのものは何ですか?」

三浦「ビアサーバーです。毎月、1樽補充していきますので、継続してお愉しみいただけます。」

えりこ「自宅で生が飲めるなんて。ビア×バー×読書として利用したい。」

三浦「あと、ソファ前の他にこちらにもTVをご用意しています。」



三浦「こちらがダイニングスペースとなります。お食事はもちろん、昼間はワーキングスペースとしても活用されています。無線LANもございますので、PCがあれば作業ができます。」

えりこ「L字カウンターには、電源コンセントまで付いてますね。PC作業はあまりしませんが、スマホの充電がすぐできる環境があるのはいいですね。それに、よくある普通のダイニングテーブルとは全く違って、店舗のようなオシャレさですね。」

三浦「L字なので、他の入居者と目線をずらすことが出来ますし、隣に座っておしゃべりしながらご飯を食べることも出来ます。ダイニングスペースでも、距離感は自分で決められるようになっています。」

えりこ「まずは、一緒にご飯を食べて他の入居者の方と仲良くなれたらいいなぁ。」



隠し扉の先にはキッチン、というより本格的な厨房が

三浦「この扉の奥にキッチンがございます。」

えりこ「隠し扉みたいでかっこいいですね!そして、実家のキッチンとは比べものにならないくらい大きいキッチンですね。もはや厨房という言葉の方がしっくりきます。」

三浦「飲食店の厨房でも使用されている業務用の設備なので、えりこさんがそのように思われて当然かと思います。」

えりこ「中華鍋を片手に、麻婆豆腐を作ってみたいです。お店と同じクオリティーのものが作れそう。それは自分の腕次第か(笑」

三浦「えりこさんは料理はされますか?」

えりこ「普段は母が作ってくれるので、時々ですね。しかも、カレーとかオムライスとか簡単なものばかりです。」

三浦「そこまで凝った料理でなければ、IHもございますので、そちらもご利用いただけます。」

えりこ「これだけ広いスペースなら気持ちよく料理が出来そうですね。狭いとテンパっちゃうので、羨ましい空間です。」



三浦「冷蔵庫も業務用をご用意しています。ただ、各お部屋に冷蔵庫を用意しておりますので、こちらは一時的な保管庫としてご利用いただければと思います。あとは、皆様でパーティーを実施する際にもご活用頂ければと。」

えりこ「パーティーとかあるのですか?テラスハウスみたいですね。」

三浦「他のハウスでは、みなさんでコストコに行ってパーティー用の食材の買い出しに行ったりしているとか。ここであれば、川崎のコストコが近いですね。」

えりこ「お皿の種類が豊富。料理に応じて、変えられそうですね。そういえば、お皿にロゴがありますね?」

三浦「SHARE DESIGN、当社のロゴになっております。よろしければ、記念に一枚いかがですか?」

えりこ「ありがとうございます(笑。」

三浦「キッチンの奥には、フードストックのスペースとなっております。」



没入感抜群のシミュレーションゲームからほっこり卓球まで

三浦「遊び設備第一弾は、シミュレーションゲームです。」

えりこ「私、ゲームが結構好きで。マリオカートとか一時期はまってました。この設備ゲームセンター並みですね。」

三浦「インターネットに繋がっておりますので、オンライン対戦もできますよ。」

えりこ「一人だけど、一人ではない。シェアハウスみたいな遊び方が出来ますね。これ、レースの場所も選べて、車種も選べて、車体の色まで自由に選べるのですね。私は、BMWに決めた!」

三浦「こちらのハウスでは、レーシングゲームを導入しておりますが、他の物件ではフライトシミュレーターバーチャルサイクリングを導入している物件もございます。」

えりこ「シェアデザインさんの運営管理している物件は、想像のはるか上を行くエンターテイメント設備があるのですね。」



三浦「遊び設備第二弾は、フィットネスジムです。」

えりこ「最近ちょっと太っちゃって。ダイエットのために、ジムに行こうかどうかちょうど迷っていたんです。利用料とか掛かるのですか?」

三浦「もちろん無料でご利用頂けます。」

えりこ「え!凄いですね。フィットネスの月額会員になると月5,000~9,000円掛かると思うのですが、それがタダって、素敵。」

三浦「重りは、自由に変更出来ますので、自分の体に合ったトレーニングが可能です。ランニングのスピードも自由に設定できます。」

えりこ「さっきもちょっと言ったのですが、一人暮らしが怖くて。それと同じで夜に一人でランニングするのも怖いのですが、室内でできるなら安心ですね。それに天気に左右されないのもポイントですね。計画的なトレーニングが出来そう。」



三浦「トレーニングルームの奥には、シャワー・バスルームなどの水回りがございます。」

えりこ「トレーニングで汗かいたら、そのままシャワールームに直行できるのですね。いい間取りです。そういえば、シャワールームの掃除はどうなっているのですか?」

三浦「シャワールームに限らず、リビングやキッチンなどの共用部には週5回の清掃が入ります。なので、いつも清潔に保たれております。」

えりこ「自分で掃除しなくてもいいとか最高ですね。シャワーは混みあったりしますか?」

三浦「シャワールームが8室、バスルームが2室ありますので、大丈夫かと思います。また、女性専用バスルームもございます。」

えりこ「パウダールームを発見。大きな鏡の前でメイクとかしたいときは、ここを活用したいですね。」



三浦「遊び設備第三弾は、卓球です。やってみますか?」

えりこ「卓球は数年前に温泉旅館でやったきりですが、ぜひ。ほっこりしますね。」

三浦「作業の合間にリフレッシュしたいときとかにはピッタリだと思います。」

えりこ「そうですね、ただ一度やってしまうと熱中しちゃいそうです。」



三浦「卓球のすぐ隣にはワーキングスペースをご用意しております。」

えりこ「自習室みたいな感じですね。ラウンジよりも集中したいときに利用できそう。」

三浦「エアコンも近くにございますので、快適にお過ごしできる空間だと思います。」

えりこ「小説が好きで、最近は江國香織さんの作品を読んでいます。きらきらひかるとかは、薄い文庫本で4~5時間もあれば一気に読めてしまうので、集中して読書するにはいいですね。」



三浦「遊び設備第四弾があるのですが、まだ完成しておらず本日お見せすることが出来ないのです。申し訳ございません。」

えりこ「ピアノじゃなくて?」

三浦「はい、ピアノもそうなのですが、奥のお部屋に防音室を用意する予定です。」

えりこ「防音室!それは欲しいですね。私、時々声優のお仕事をしているので、発声練習・台本の読みこみができる環境があるととても助かるのです。」



思っていた以上に広いお部屋に家具・家電が付いている

三浦「次はお部屋をご案内しますね。」

えりこ「思ったより広いですね。何帖ありますか?」

三浦「クローゼット部分も含めて、標準タイプで7.5帖あります。」

えりこ「え、私のお部屋より広い。シェアハウスのお部屋ってもっと狭いイメージをしていました。そして収納も全然ないものだと。」

三浦「都内ですと、4.3帖とか狭くて収納もおまけ程度しかない物件が多々ありますが、こちらではお部屋でもゆったり過ごせる空間になっています。また、収納もクローゼット以外にも、ベッド下やシューズBOXもご用意しています。」

えりこ「部屋干し用のホスクリーンまで。下着などは室内で干せるほうが安心ですね。」

三浦「はい。それにマンション同様にバルコニーもございますので、お日様で干すことも可能です。」

えりこ「家具・家電が最初から完備されていて、ワンルームよりも初期費用をグッと抑えることが出来そう。」



三浦「こちらは家具・家電が付いていないお部屋です。」

えりこ「私は家具・家電が付いている方がいいのですが、なぜ付いてないお部屋があるのですか?」

三浦「えりこさんのように実家暮らしの方や既にシェアハウスに住んでいる方は家具・家電付の方がよろしいかと思いますが、現在一人暮らしをされていた方は家具・家電を持っているので、何もないお部屋の方が喜ばれます。」

えりこ「そうですよね。」

三浦「お気づきかもしれませんが、お部屋によって壁紙の色・フローリングの色が違っています。」

えりこ「それで、お部屋の雰囲気が違ったんですね。」



三浦「お部屋の形もいくつかご用意がございますので、日当たり含めお気に入りのお部屋を見つけて頂ければと思います。」

えりこ「さっきとまた違いますね。また、冷蔵庫がお部屋にあるのは便利ですね。飲み物とか取りにキッチンに行くのも面倒。サッと取りだせる距離感が大事。」



清潔感のある水回り、防犯カメラのあるエントランス、そしてここから生まれるコミュニティ

三浦「洗面・トイレ・ランドリーなどの水回りは、各フロア毎に用意しています。」

えりこ「生活の導線がしっかりされていますね。でもそれよりも、玄関に防犯カメラことの方が気になります。玄関はオートロックですか?」

三浦「やはりセキュリティが大事ですよね。もちろんオートロックですし、玄関の外にも防犯カメラを設置しています。抑止力という意味でも効果はあると思います。」

えりこ「初めての一人暮らしは何かと心配になりまして。あと宅配BOXがあるのは、地味にいいですね。」

三浦「最近は、Amazonや楽天などで買い物する方が多いので、宅配BOXがあると入居者さまの利便性が高まるかと思い用意しています。」





三浦「こちらは毎年企画しているスノボーツアーです。えりこさんはスノーボードをされますか?」

えりこ「学生時代はよく行っていたのですが、社会人になってからは行けてないです。」

三浦「こういった合同イベントも企画しておりますので、ハウスを超えた交友関係が広がります。また、当社のシェアハウスに3年以上お住まいの方は無料でご招待させて頂いております。」

えりこ「長く住むとそんなメリットもあるのですね!」



えりこ「初めてのシェアハウスはいい意味で期待を裏切られました。シェアレジデンス美しが丘しか見ていませんが、シェアハウスは単なる住まいというだけでなく、人とのつながり、エンターテイメント、健康、趣味といった様々な面をサポートしてくれる住いなんだぁと思いました。また大型物件だからかもしれませんが、他のシェアメイトとの距離の取り方が自分で選べるのもいいなぁと単純に思いました。
今の暮らしをもっと楽しくしたい!自分の趣味にあった設備が欲しい!という方は、シェアレジデンス美しが丘をチェックしてみて下さい。」


この物件に惹かれたポイント

基本データ
物件名称 シェアレジデンス美しが丘
アクセス たまプラーザ駅  徒歩3分
賃料 33,800 ~ 54,800円
部屋数 61部屋
運営会社 株式会社シェア・デザイン
【ガールズレポーター募集】
シェアパレードでは、シェアハウスを紹介するガールズレポーターを募集しています!
詳細は、こちらから。