0
シェアライフマガジン

ボクがシェアハウスでやってしまった7の失敗

シェアハウスでは、家やワンルームでは許されてもシェアハウスでは許されない行動がたくさんあります。 もしルールを守れないようであれば人は遠のき楽しいシェアライフは消えてなくなってしまうでしょう。
まあ盛りましたが。
今回は僕の実体験を元にまとめてみました。 どれもシェアライフならではの思わぬ落とし穴です。
逆にこれを気を付けてさえすればひとまずOKという内容なのでぜひ参考にしてみてください。

長風呂しない

残念ながらシェアハウスでは長くお風呂に入るのはNGです。
もし入りたいのであれば事前に許可をとったり人のいない時間に入りましょう。

洗濯機、乾燥機に物を残さない

寮暮らしの経験がある方はわかると思いますがこれもNGです。 施設によっては一時保管箱があり、 残されたものはそれに移しておくということもあります。
ただ、男性にとって女性の洗濯物を取り出すわけにもいかないので、お互い気を遣いあいたいものです。

冷蔵庫を私物化しない

シェアハウスで1番多いトラブルはこれかもしれません。 与えられた区画がわかりづらく、どこから私物なのかというのも難しいです。
せめて冷蔵庫に物を入れてそのままにしたり、名前や部屋番号を書かず入れるのは避けたいものです。

施設の備品を部屋に持ち込まない

これは故意である場合が多いです。 気持ちはわからないこともないですが全員が困ります。
当然しないようにしましょう。

洗った食器を放置しない

洗っても水切りをしている間に忘れてしまうことが多いようです。 あまりに溜まると食器を落として割れる原因にもなるので気をつけましょう。
でもどうしても忘れてしまう人もいます。 それを他人の物だからと無視せず広い心で整理してあげれば、あなたの評価はうなぎのぼりです。

ご近所さんの迷惑にならない

これはそのままですがシェアハウスは普通の一軒家では考えられないくらい盛り上がってしまうことがあるので気をつけてください。 もしイベントを開くようであれば事前に伝えておくとよいかもしれません。

料理でミスしたり変わった料理を作らない

これをしていけない理由は異臭です。
臭いはすぐにとれるものではなく、更に場合によっては気分が悪くなる方もいるので気をつけてください。 おいしくて香ばしい料理を作りましょう。

上記にあげたことはどれも家やワンルームでの一人暮らしでは許されることです。 これをみるとシェアハウスは窮屈だと思われるかもしれませんが意識すれば簡単なことです。 それにこんな風に人の目がある分、キチンとした生活を心がけ実践することもできます。
お互い適度に気を遣いながら楽しいシェアライフを送れるようにしましょう!

この記事を書いた人

紳さん

シェアハウスラバー プロミス

2014年4月に地方から都内の大型シェアハウスに住む大学生。
本名 佐々木英彦。
趣味はスポーツ。特にサッカーをしたり野球観戦をすること。
シェアハウスに住んでみてその生活の魅力に可能性を感じもっと多くの人に広めたいと思いSHARE PARADEでお仕事をさせていただいてます。

記事について感想、質問などありましたらぜひお気軽にFacebookでご連絡ください。

アンティークとモダンの融合、イニシャルアトリエ
「梯子は登るもの?」 そんな定義をふきとばすおしゃれな梯子の使い方