【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスの家賃はどうやって決める?

シェアハウスの家賃というのは、どうやって決めているのでしょうか?
オーナーさんが実際に家賃を設定しようとしている時に「何を基準に決めたらいいのだろうか?」と思うこともあるかもと思います。

シェアハウスの家賃設定は、概ね立地によって決められます。 つまり、非常にいい立地のシェアハウスは、多少物件が古くても家賃を高く設定できる傾向にあるようです。反対に、周辺の家賃が比較的安めのエリアは、設備が充実していたとしても、あまりにも高い家賃設定がしにくいとも言えるでしょう。 基本的には、普通のアパートやマンションの家賃設定のやり方と同じです。
もしも既に物件をお持ちの方は、周辺の家賃の相場について調べてみましょう。これから物件を購入しようとしている・検討中だという方も、同様にチェックしてみてもいいかもしれません。新築物件やデザイナーズ物件については、少し高く家賃を設定しても入居者が集まりやすい傾向にあるようです。 そして近くに他の業者の管理しているシェアハウスがある場合には、そちらの家賃なども「偵察」しておくべきでしょう。

また、家賃以外にも、光熱費の徴収もしなければいけません。
これは、シェアハウスによってやり方が異なります。
数千円としているところもありますし、1万円以上徴収しているところもあります。掃除を管理業者・代行業者などに依頼しているところは、少し割高に設定しても問題はないでしょう。
ただし、定額制だと「いくらでも使用してもいいんだ」と電気やエアコンをつけっぱなしにする入居者もいるようです。このようなことを入居者全員が行うと、光熱費がいくらあっても足りません。そのため、一定額を越えた場合には該当者に別途請求するというルール、もしくは翌月から値上げを行うというルールを設けているシェアハウスもあるとのことです。

ちなみに、光熱費を実費で徴収しているところもあります。
この場合には、領収書などを添付して、請求している金額に上乗せなどを行っていないことを証明しておきましょう。

ついでに知っておくべきなのが、補償金の存在です。シェアハウスの場合には、入居者は敷金・礼金を支払わなくていい代わりに、保証金を払うことが多いようです。これは、住人が退去する際に原状回復費として返還されることも多いようですが、こちらの金額も設定しておきましょう。
もちろん、こちらの金額をあまりに高く設定してしまうと、住人が集まらない可能性があります。より多くの入居希望者が集まるような値段設定ができるように、オーナーさんも情報収集に努めましょう。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第三十一回コラム:シェアハウスには、ルールが必要
第三十三回コラム:シェアハウスの入居者はネットで募集するのがベターです

ページTOPへ戻る