【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウス、個室と相部屋(ドミトリー)はどちらがメリットが大きいのか

シェアハウスの部屋にも、細かく分けるといくつかのタイプがあります。 ひとつが、完全個室になっているシェアハウスです。 キッチンやトイレがついているような物件も最近ではあるそうですが、基本的には収納スペース付きの部屋があるという感じでしょう。
そして、もうひとつがドミトリーです。 ドミトリーとは、ひとつの部屋に複数のベッドや二段ベッドなどが置かれており、複数の人で同じ部屋を使うということになります。
シェアハウスには、
①個室だけのところ、
②ドミトリーのみでできているところ、そして
③個室もドミトリーもあり、自分の経済状況やその時の空き状況によって入居する部屋を決められるシェアハウスがあります。

入居する方にとっては、個室は「少し値段が張る場合もあるが、自分のプライバシーを持つこともできる」ものであり、ドミトリーは「家賃が安くて他の人と交流を持ちながら生活できるが、プライバシーがなくてつらい時もある」ものです。 オーナーさんにとっては、ドミトリーが個室よりも利益が上がりやすく、メリットがあるように思います。
ですが、昨今では、ドミトリーよりも個室に入居したいという方のほうが多いようです。 それだけ、節約目的ではなく、自分のライフスタイルを確立したい・いろんな人と交流したいという気持ちでシェアハウスを選ぶ人が多いからかもしれません。ですから、「収益性が高くて儲かるのなら、ドミトリーにしたほうがいい」という理由でシェアハウスのスタイルを決めてしまうと、後から入居者が集まらなくて苦労した……なんてことにもなりかねません。

しかも、安さを武器に入居者を募った場合には、その家賃すら払うのに苦労している、ギリギリのところで生活されている方が入居してくる可能性があります。その場合、家賃をなかなかお支払いいただけないこともあるかもしれません。さらに、そのようなシェアハウスは物やお金の貸し借りなどでトラブルが続出してしまった、という事例もあったそうです。

その点から、個室で勝負をしたほうが入居者の満足度も高めやすく、利用者からのニーズも高いという可能性があります。どうしてもドミトリーにこだわりたいという場合には「日本人と海外の方の交流を目的としたシェアハウスにする」など工夫が必要となってくるでしょう。 ですが、ドミトリーの良さは「皆が和気あいあいと会話をして、まさに『シェアハウス』という空間が満喫できること」にあります。 自分の理想のシェアハウスのスタイルを実現するには、どちらがふさわしいかよく考えてみてください。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第二十三回コラム:『女性専用』と『男女共用』シェアハウス、どちらを選べばメリットが大きいのか
第二十五回コラム:シェアハウスは、『水回り』に最も配慮すべきです

ページTOPへ戻る