【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウス用の物件を、安く購入する方法とは?

シェアハウスに投資したいと考えている方にとって、まずは物件を購入する場合、その費用を抑えたいと考えるのは普通のことです。無理をして高い物件を購入して、最終的に破綻するというパターンは何としても避けたいものですが、その一方で「安物買いの銭失い」になってしまうのもバカバカしいものです。安い物件には安いだけの理由があるでしょうが、賢く選べばいい物件を入手することも可能なのです。 それでは、どのような物件を選べばお得なのでしょうか?


●古家付き売地

これは、土地に建物がついてくるという物件です。 お買い得という印象もありますが、建物が古すぎるというケースも考えられるそうです。 ただし、きちんとした業者に頼んでリノベーションを行えば、充分に住めるものもあります。改修費用がかさんでしまうという可能性もありますが、投資家さんのテクニックによっては、値引き交渉などでより予算を切り詰めることもできるそうです。


●旗竿地

間口が狭くなっており、路地の奥のほうに広がった土地を『旗竿地』と呼ぶそうです。 道路から遠い、周辺が家に囲まれる形状になりますので、この土地を選んで住みたいという人が少ないとされています。比較的安い値段で取引されている土地もありますから、そういうところを狙っていきたいもの。 ただし、周囲が民家の場合には騒音などを出さないように配慮が求められることでしょう。


●再建築不可

そこにある建物を取り壊した場合、新しい建物が建築できないと法律で定められている物件などがコレです。骨組みや柱などを残してリノベーションという形をとれば、何度でも住み続けられるという意見があるにも関わらず、値段は安めです。 ただ、こういう土地を購入したいという場合にはローンがおりにくいという話もあります。


●借地権

これは、建物のみを所有して、土地は借り物のままという権利です。 土地は手放したくないが、そこに自分でビルやテナント、マンションなどを建築・運営はしたくないというオーナーさんが売りに出しているようです。 便利なところにある物件も多く、是非チェックしておきたいもののひとつです。


●古ビル

建物自体が古く、入居者も現状ほぼいないような物件は、とても安い値段で取引されている場合があります。購入するだけのメリットが揃っているという話を耳にしたことがありますが、投資の初心者の方は自分の知識だけで判断せず、先輩投資家に意見を聞くなどして知識を増やし、物件を見る目を養っていったほうがいいかもしれません。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第十九回コラム:シェアハウスの物件を、どこで探せばいいのか?
第二十一回コラム:シェアハウス用の物件、内見をする時にはここに注目しよう

ページTOPへ戻る