【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスに向いている物件は、いくらくらいで購入できるのか?

既に不動産をお持ちで、物件を改装する必要がないような場合には、投資費用は数十万円程度かかると言われています。また、物件を改装する必要がある場合には、数百万円かかるというのが定説のようです。
しかし、物件を購入してからシェアハウスを始めたいという場合には、よりお金がかかることでしょう。ここがオーナーさんの腕の見せどころです。 大規模なシェアハウスに手をだしてより大きく儲けるのか、それとも入居者が確実に見込めるようなシェアハウスを作っていって手堅く投資するのか。 これは、まさにオーナーさんの好みによるところでもあります。

基本的には、物件を購入してからシェアハウスを始める場合には、数千万円単位のお金がかかることになるでしょう。新築の物件のほうが、当然中古物件よりお金がかかります。シェアハウスにおいては、中古の不動産を購入して改装するやり方が多いとも言えるかもしれません。 そして、戸建てやマンションの購入費用はもちろんのこと、リノベーションの費用もかかってきます。さらに設備にかかるお金についても考えておかねばなりません。
もちろん、初期費用を切り詰めようと考え、それを実行に移す方もいらっしゃいます。 なるべく築年数が経過しており、値段が安く設定されている戸建てやマンションを購入する。リノベーションを自分で行う、あるいはほとんど行わないままシェアハウスとして貸し出してしまう。その代わり、家賃を低く抑えて、入居した方の自由度の高い物件とすることも、不可能ではありません。
ただしこのような場合には、前述しました通り、家賃を高く設定できないというデメリットもあります。投資費用を抑えつつ、定期収入をある程度蓄えたいのか、思いきって大きく投資してしまうのかは、ご自分で判断していただくところです。

それでは、別の大家さんから物件を借りてシェアハウスを運営し、他の入居者から家賃収入を得て、大家に支払う本来の家賃金額との間の差額を収入として得る、という場合には、どれくらいお金がかかるのでしょうか。 この場合には、通常家を借りるのに必要とされるような先払い分の家賃、敷金や礼金が必要となります。そしてそこにプラスして、改装費がかかることもあります。もちろん、共有スペースや個室に必要な設備への投資もしなければいけなくなってくるでしょう。
ちなみに、シェアハウスとして借りたいということを明言した場合には、敷金が通常より高く設定されることがあるようです。 これは、何人もの方が住むと消耗が激しい設備も出てくることを見越してだそうですから、サブリースの場合にもそれなりにお金がかかると覚悟しておくべきでしょう。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第十五回コラム:持ち物件でシェアハウスを始めるのにかかる費用とは、どれくらい?
第十七回コラム:シェアハウスで、住宅ローンは使用できるのか?

ページTOPへ戻る