【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスに向いている物件は、どんな物件?

シェアハウスに向いている物件というと、「一戸建て」というイメージがあります。ですが、一戸建てだけがシェアハウスに向いているかというと、そういうわけでもありません。
マンションやアパート、ビルなどもシェアハウスに改修することが可能なのです。つまり、工夫次第ではどんな物件でもシェアハウスとして利用することができるそうです。では、それぞれの物件がどのようにシェアハウスに向いているのかをご紹介していきましょう。

■一戸建て

アパートやマンションなどと比べると賃貸の家賃が高くなりがちな一戸建てですが、シェアハウスならば家賃の値段を抑えて、多くの入居者を獲得できるということが魅力となってきます。持っている物件を改修するのもよし、中古物件を購入してシェアハウスに改装するのもいいでしょう。


■マンション

マンションの一室をシェアハウスとして貸し出すことも、最近は人気とされているようです。ただし、自分がマンションを所有しているのならばまだしも、一室だけを購入・所有しているということならば、ビルのオーナーから許可をもらう必要が出てくるでしょう。 購入した後に「シェアハウスとして利用しないでください」と通告を受けるなんてことがないように、先によく確認しておきましょう。


■アパート

マンション同様、アパートをシェアハウスに改装するオーナーさんもいらっしゃいます。 アパートの場合には、フロア全体を改修してしまうようなケースも多いそうですが、マンションなどよりも安く購入できるというメリットがあるでしょう。ただし、このような物件は数が少ないというのが欠点ですが、購入できればシェアハウスとしてはアンティーク感のある仕上がりが期待できるかもしれません。オススメとされているのが、キッチンやトイレ、シャワールームが共同となっているアパートだそう。 水回りを改修して集約させずとも、すでに一ヵ所に集約されているのが魅力です。ただし、いろいろなところに手を入れる必要性はあるでしょう。


これ以外にも、商業ビルをリノベーションする、1階が店舗になっており2階が住居になっているような物件を改修してイベントスペース付きの物件にプロデュースする、もともと学校や会社などの寮だった物件を改修するという方法などが考えられます。 自分の好みの物件を探して、楽しみながら改修して、個性を感じさせるようにプロデュースできる。これぞ、シェアハウスに投資する醍醐味とも言えるかもしれませんね。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第十三回コラム:シェアハウスの物件は、どのようなものを探せばいいのか?
第十五回コラム:持ち物件でシェアハウスを始めるのにかかる費用とは、どれくらい?

ページTOPへ戻る