【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスの物件は、どのようなものを探せばいいのか?

シェアハウスの経営をしたいと考えるようになった方が、最初にやるべきこと。それが、物件探しです。では、シェアハウスの物件探しはどのように行うのがメジャーなやり方なのでしょうか?

■自宅を改装してシェアハウスにする


自分の持ち家をシェアハウスにする、というオーナーさんもいらっしゃるようですが、これは珍しいことではないそうです。自分の家を購入した際のローンがまだ残っている、もしくは物件を新たに購入することなく家賃収入を得たいという場合には、自宅の一部をシェアハウスにする方が多いようです。学生専門の下宿にするということも可能かもしれませんが、最近ではその注目度が上がっているとのことから、シェアハウスを選ぶ経営者も少なくありません。


■自宅以外の所有物件で、シェアハウスを始める


自宅以外にもいくつか不動産を所有しているようなオーナーさんのなかには、入居者がなかなか集まらないということから、持ち物件をシェアハウスに改修したという方もいるそうです。このように、今まで持っていた物件をより上手に活用するために、シェアハウスを始めたというオーナーさんもそれなりにいらっしゃいます。特に、自分が住んでいる家以外にご両親が住んでいた一戸建てを譲り受けた、などと言った場合には、改修費を出せばシェアハウスを始めることができるので、投資をするという面では便利かもしれません。もちろん一戸建てとしてそのまま貸すこともできるでしょうが、立地条件などによっては、借り手がなかなか見つからないのが現状だそうです。


■新しく、シェアハウス用の物件を購入する


シェアハウスを始めたいからといって、新しく物件を購入する経営者の方もたくさんいます。これは、もし物件を持っていたとしても、どう見てもシェアハウスにそぐわない物件だということがあるからです。トイレやお風呂が狭すぎる、たくさんの人が入居すると導線がこんがらがってしまうような間取りになっているという場合には、改修費用のほうがかかってしまうこともあるかもしれません。ただし、この時には物件を見る目が必要になります。


■また貸ししてオーナーになることも可能


自分が物件を借りて、そこの物件に入居したいという人を集め、大家に支払う家賃と皆から集めた家賃の差額で収入を得ているオーナーさんもいるとのことです。これは土地や建物を所有せずに一軒家などを借りて、自分でシェアハウスを作るというものです。投資する金額は他のケースと比べるとかなり低くて済みますが、大家さんによってはこのような住み方を嫌がる方もいらっしゃいます。許可を得る必要やリスクもありますから、よく考えて自分に合った物件選びをしていきましょう。


-------------------------------------------------------
シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

新築シェアハウス投資
シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第十二回コラム:シェアハウスを運営することで、若者がコミュニケーションをとるお手伝いができる!
第十四回コラム:シェアハウスに向いている物件は、どんな物件?

ページTOPへ戻る