【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスの募集コストはどれくらいかかるのか?

いざ、シェアハウスに投資するぞ!経営にチャレンジしたい!と思っていても、それではその入居者はどうやって探せばいいのか?そしてそこに、どのくらいのお金をかけるのが相場なのか?と、悩んでしまう人もいると耳にしたことがあります。
たしかに、入居者探しの効率的な方法について、経験者でないとわからないのではという方もいるでしょう。

たとえば、街中にあるような不動産屋に行っても、シェアハウスの物件にはなかなか出会えません。
最近になってようやくシェアハウスの情報を取り扱っているような不動産屋も出てきたそうです。さらに、シェアハウス物件のみを取り扱っている街の不動産屋も出てきたという話を聞いたことがありますが、まだメジャーな存在にはなり得ていないのが現状です。
まだシェアハウスというものをそこまで知らない、これから勉強したいという人にとっては、シェアハウスの『広告』はどういったところに出すべきなのかわからないという人も多いかもしれません。

■サイトや雑誌に広告を載せるというのも、手段のひとつ
シェアハウスに入居を希望する人に、物件をアピールする方法はいくつか存在します。 住宅・不動産情報のサイトなどのシェアハウス特集ページに募集広告を掲載したり、賃貸情報の雑誌やフリーペーパーに情報を載せたりしているシェアハウスもあるようですね。
ですが、こういうところに情報を出すには、やはりそれなりの広告料がかかるそうです。 地域や媒体によって、その広告料は変わってきます。

■一番効率的なのは、シェアハウス専門サイトでの情報公開
入居希望者が情報を集めるのに適しているのは、やはりインターネットではないでしょうか。 シェアハウスの部屋を探している方は、ネットを中心に情報を集めている人が多いもの。

こういったサイトにはいろんなものがありますが、シェアハウス物件を専門に扱うサイトが人気です。 このようなサイトは物件の写真などもたくさん掲載されており、入居希望者が欲しい情報も事細かに紹介しています。取材がされる場合もあり、「このシェアハウスは、こんな魅力があります」「こんなこだわりで作られています」「こういう入居者の方にはピッタリです」とアピールもできます。ある程度の条件を満たしている物件は、人気の専門サイトに情報を掲載すれば入居者が決まりやすいという話もあります。もちろん、シェアパレードでも募集をすることは可能です。

いろんな媒体に情報を出して、お金をかけて宣伝しなければいけない時代に突入しているアパートやマンションの経営に比べて、そのコストは比較的安くなっているはずです。その点においても、シェアハウスへの投資は魅力があるのです。


-------------------------------------------------------
 シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
 ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

 ・新築シェアハウス投資
 ・シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第五回コラム :シェアハウスの稼働率は高いのか?
第七回コラム :シェアハウスは、大家の個性を出して工夫できる楽しさがある

ページTOPへ戻る