【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスの稼働率は高いのか?

マンションやアパートの運営をしてみたい。でも、そう思い始めても「マンションやアパートを作っても、投資や運営の仕方でしくじってしまい、空き部屋ばっかりになってしまったらどうしよう……」と気持ちを挫かれてしまう人もいるかもしれません。
マンションなどの投資・運営について、「建てれば終わり」だと思っており、物件さえ建てたら後は半永久的に収入があるはずだ!と思ってしまっている人もいるようです。ですが、残念なことにそんなことはありません。 空室ばかりのマンションやアパートを抱えていては不利益が増すだけですし、入居者に続けざまに退去されてしまった場合には、かなりの痛手を被ることになります。

■知っておきたい「稼働率」という言葉
不動産投資の初心者の方は、「稼働率」という単語についても知識を持っておきたいところです。
「稼働率」とは、マンションなどの全部の部屋数に対しての、入居している部屋-つまり入居者に貸している部屋数の割合のことを指します。 マンションやアパート経営をしている方でも、この「稼働率」に悩まされている人は少なくありません。たとえば、入居者が部屋を出て行ってしまった後にも発生する管理費は、大家が負担しなければなりません。それ以外にも、修繕積立金などもコツコツと支払わなければいけなくなるでしょう。空室を抱え続けているだけで、大家さんにもお金がかかるのです。

■シェアハウスは、マンションやアパートよりもリスクが低く、稼働率が高い!
実は、シェアハウスは他の物件に比べると、リスクが低いと言われています。 1つの物件を、たくさんの人で“シェア”しているのが、まさにシェアハウスの特徴です。なので、1人退去したところで「収入がゼロ」になるわけではないですから、安心できるということだそうです。ですから、空室に対してのリスクが低くなる、ということだそうです。

■ボロボロの物件も、シェアハウスに改修すれば稼働率が上がる?
初心者には、一戸建て物件は投資・運営が難しいという意見もあります。 古めの物件を「好きに改修してOK、家賃も低くします」と入居希望者に合わせた条件にして貸し出すのならばまだ可能性はあるかもしれません。しかし、今は「ボロボロで汚い一軒家に安い家賃で住むよりは、ある程度の家賃を支払ってそれなりのキレイなマンションに住みたい」という人が多いようです。 都内で広い一軒家などは人気のイメージがありますが、最近では「そこまで家賃を出せない」と諦めてしまう方たちもいるとのことです。
しかし、築年数の決して浅くない物件や、都内で綺麗すぎる故に借り手が見つからない一戸建ての物件などをシェアハウスにすることで、入居者を増やしている大家さんもいるそうです。


-------------------------------------------------------
 シェアパレードでは、シェアハウス経営・投資のアドバイザリー/サポート業務を実施しております。
 ご興味がある方は、以下よりご確認をお願いいたします。

 ・新築シェアハウス投資
 ・シェアハウス一括借上(サブリース)
-------------------------------------------------------


第四回コラム :シェアハウス運営の魅力②『収益性の高さ』
第六回コラム :シェアハウスの募集コストはどれくらいかかるのか?

ページTOPへ戻る