【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

「シェアハウス」に警告 自動火災報知設備に不備

ネットカフェ大手「マンボー」(東京都新宿区)が運営する「シェアハウス」で自動火災報知設備の不備があったとして、東京消防庁が都火災予防条例違反で警告していたことが、同庁への取材でわかった。

 東京消防庁によると、問題の施設は中野区上高田3丁目にある木造2階建てで、延べ床面積約250平方メートルを約3平方メートルの37室に分割し、月単位で利用させている。

 同庁が昨年7月に立ち入り検査し、床面積200平方メートル以上の共同住宅に都条例が義務づけている自動火災報知設備が設けられていないことを確認し、翌8月に警告した。マンボー側は昨年12月までに自動火災報知設備を整えたという。

 マンボ―は取材に「担当者がいないので対応できない」としている。

 出典:朝日新聞デジタル

 脱法ハウスについてご興味がある方は、以下のコラムを参照ください。
今、問題となっている建築基準法、消防法に違反した『脱法ハウス』  



   先のマーケットニュース:脱法ハウス:シェアハウス業者がアンケート調査
   前のマーケットニュース:猪瀬知事:「都営住宅にシェアハウス」お年寄りと若者共生

お問い合わせ・内覧お申込み

お問い合わせ・内覧
ページTOPへ戻る