【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』
動物苦手を克服!?ワンちゃんが少し苦手な彼のペットシェアライフとは Reviewed by みみみ on 「僕、動物が苦手なんですよ」 そんな衝撃的な言葉から始まったCOURI021荻窪に入居中の猿渡さんへのインタビュー。 実は、COURI021荻窪はペットOKなシェアハウスなのです。ではなぜ動物が苦手な人が、ペットシェアハウスへ入居しているのか、現在どのような生活を送っているのか、動物との共同生活はどんな生活なのか、気になることをたくさん聞いてきました。 ペットシェアハウスに少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてください! 「ペットが苦手」な彼がなぜペットシェアハウスへ? 猿渡さん「僕、動物が苦手なんですよ」 みなみ「え!!まさか動物が苦手とは。結構入居に [...]

動物苦手を克服!?ワンちゃんが少し苦手な彼のペットシェアライフとは

僕、動物が苦手なんですよ

そんな衝撃的な言葉から始まったCOURI021荻窪に入居中の猿渡さんへのインタビュー。

実は、COURI021荻窪はペットOKなシェアハウスなのです。ではなぜ動物が苦手な人が、ペットシェアハウスへ入居しているのか、現在どのような生活を送っているのか、動物との共同生活はどんな生活なのか、気になることをたくさん聞いてきました。

ペットシェアハウスに少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてください!



「ペットが苦手」な彼がなぜペットシェアハウスへ?

猿渡さん「僕、動物が苦手なんですよ」

みなみ「え!!まさか動物が苦手とは。結構入居には勇気がいたのでは?」

猿渡さん「そうなんですよ。おかしな話ですよね(笑) 場所軸で物件を探していて、たまたまシェアカンパニーさんの阿佐ヶ谷の物件を見つけて。けどそこは男女比率の関係で入居できなくて。その代わりに下北沢と荻窪の物件を紹介していただいたんです。
両方の物件を見せていただいたんですが、下北沢の物件を見せていただいた際に少しギャップを感じたんです。シェアハウス=テラスハウスで、結構キラキラした感じをイメージしてたんですけど、少し違うなと。」

みなみ「自分が住んでいるイメージができないと、なかなか入居にいたらないですよね。その後荻窪に内覧へ?」

猿渡さん「そうです。そのあと荻窪の内覧をしたんですが、全く違う印象で!入ったらすごく綺麗にしていて、生活感はあるけど、整えられていて。僕の中で結構掃除とかしたいタイプなので、すごく好感を持てたんです。」

みなみ「それはいいですね!けど、ペットは大丈夫だったんですか?」

猿渡さん「正直、最初はペットOKがちょっと引っかかっていたんですけど、清潔感があることと、ペットが来れるゾーンと来れないゾーンが分けられていたので、大丈夫かなと(笑)もうその日に入居を決めました。」

みなみ「その日に!?すごい決断力ですね(笑)」




「ペットシェアハウス」の実態に迫る

みなみ「ペットシェアハウスに住みはじめて、動物には慣れましたか?」

猿渡さん「慣れましたね。僕動物苦手なんですけど、動物がすごく寄ってくるんですよね、昔から(笑)ハウスでも普通にソファに座っているだけで、みんな自分のお腹とかに乗ってくるんです。」

みなみ「親しまれていますね。猿渡さんみたいに、ワンちゃんが苦手な方はいますか?」

猿渡さん「皆がみな、ワンちゃんを好きなわけではないですけど、僕みたいに苦手の方がパワーバランスとして大きい人が入ってくることはないですね。どちらかと言うと好きよりの人が入ってきます。」

みなみ「では入居者の方は、ワンちゃんを飼われている方が多いですか?」

猿渡さん「前は飼っていない人が多かったですかね。けど3~4匹は常にいる感じでした。今は半々くらいです。」

みなみ「そうなんですね。ワンちゃん好きの方が多いのであれば、みんなでお世話をしますか?」

猿渡さん「ルール上、お世話をするのは飼い主と決まっているので、他の人がワンちゃんに何かしてあげるということは基本的にないですね。」

みなみ「ちょうどいい距離感ですね。けど住まれていてワンちゃんの鳴き声、トイレなどのしつけができていない問題があると思うのですが、トラブルはないですか?」

猿渡さん「しつけは基本的にしっかりされているので、大丈夫です。
ただたまに「え、ここでする!?」みたいな時はありますけど。その時は飼い主さんがすぐに対処してくれるのでトラブルに発展することはないですね。」

みなみ「飼い主さんが責任ある行動をとられているのですね。鳴き声はどうしてもあると思うのですが、気にならないですか?」

猿渡さん「僕は2階に住んでいます。このハウス3階建てなんですが、1階と3階がペットOKゾーンで。なので、2階にはワンちゃんを飼っている方はいないので、鳴き声を気にしたことはないですね。
ただ、3階に住まれている方は、周りがワンちゃんを飼われている方ばかりなので、たまに「○○ちゃんめっちゃ吠えてない(笑)」などの会話はあるみたいです。でも、自分のワンちゃんがめっちゃ吠える立場になる可能性もありますし、それを許容したハウスでもあるので、噂話程度で終わりますけどね。」



「COURI021荻窪」の特徴とは

みなみ「ワンちゃんがいると入居者さん同士のコミュニケーションが生まれやすそうですね。」

猿渡さん「そうですね。もちろんワンちゃんがいなくてもコミュニケーションをしますが、いるとワンちゃんをきっかけに会話することもありますね。例えばワンちゃんが病気になった時、病院を教えてもらうとか。」

みなみ「いいですね。屋上にも共有のスペースがありますが、皆さんでよく使われるのですか」

猿渡さん「はい。僕は毎週日焼けをしに屋上を利用しています(笑)ワンちゃんを飼われている方はもちろん、飼っていない方も屋上はよく利用していますね。それこそ、一昨日みんなでバーベキューをしました。ワンちゃんが二匹誕生日だったということもあって、お祝いを兼ねて。」

みなみ「楽しそうですね。イベントはよく行われているのですか?」

猿渡さん「自主的に結構開催していますね。一年中何かしらやっています。最近はワンちゃんを連れて、花見に行きました。」

みなみ「そんなに仲が良ければ恋愛関係に発展しそうですね。」

猿渡さん「それが全くないです(笑)それこそさっきの話ではないですが、テラスハウスのイメージで来ていたので、何かあると思っていましたが、ここは何もないですね。アットホームな感じです。」



「ペットシェアハウスのメリット」

みなみ「イベントも定期的にあって、掃除も行き届いていて、とてもきらきらしたシェアハウスですね。羨ましいです!」

猿渡さん「そうですね、入居時は本当にびっくりしました。14人程度住んでいるのに、キレイに保たれていて、トラブルもなく生活ができるので。」

みなみ「ここに住むメリットは何だと感じましたか?」

猿渡さん「動物が好きな方にとっては当たり前ですが、ペットを飼えることです。でも僕みたいに動物が好きじゃなくて入った側から感じたのは、定期的にイベントを自分たちで企画から運営まで行うので、横のつながりが結構できたかなと思います。あとは屋上があることですかね(笑)」

みなみ「素敵なハウスですね!」


動物に対して少し怖さを感じていた方が、今では動物と戯れながら1年以上動物と暮らしている。

「動物嫌いが克服できるシェアハウス」なんて、お墨付きをもらえるかもしれませんね(笑)

ワンちゃんを飼っている方はもちろん、ワンちゃんに癒されたい方、ワンちゃんが少し怖い方、普通のシェアハウスに飽きてしまった方、ぜひペットシェアハウス「COURI021荻窪」に住んでみてはいかがでしょうか。

Share House DATA

物件名COURI021荻窪
入居条件男女OK 外国人OK
賃料59,000~70,000円
共益費12,000円(共益費)+5,000円(施設管理費)※ペット飼育しない場合は10,000円
部屋数16部屋
アクセス丸の内線「荻窪」駅 徒歩8分

ピックアップ物件

ページTOPへ戻る