【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

物件の種類

シェアハウス

一つの住居の水周りやリビングなどを複数人でシェアして生活する賃貸物件です。ラフに言うと、昔ながらの下宿を現代版にかっこよくした感じ。一軒家タイプ、マンション(1室)タイプ、ビルの一角タイプなど、また新築物件やリノベーション物件など、多様なバリエーションがあります。敷金・礼金・保証人などが不要なケースが多く、また、家具・家電が設置されているケースも多いため、初期費用を低く抑えたいという人などにオススメ。他にも、入居者同士にて距離感の近いコミュニケーションを楽しめるのが特徴ですが、物件によってはプライベート重視のケースもあります。

ソーシャルアパートメント

建物内に入居者同士が集うラグジュリーなラウンジが付帯したワンルームマンション。 鉄骨または鉄筋コンクリート造のため、シェアハウスよりも高いプライバシーがあるものの家賃は少し高め。
自分の時間・空間をしっかりと確保しながら、+αとして様々な人との交流を楽しみたいという人、 ワンルームだけだと少し窮屈だけど1LDKよりは家賃を抑えたいという人などにオススメ。多様な世代・属性・国籍な方が入居しているので、ラウンジでのコミュニケーションから、新しい気づきや可能性に出会えるかも。
シェアハウスとの違いが気になる方は、『ソーシャルアパートメントは、シェアハウスと違うの?』をチェックしてね。

シェアアパートメント

住居形態としては、『ソーシャルアパートメント』と類似の賃貸物件となります。ただし、広めのラウンジがあってもそれが必ずしもラグジュアリーな空間となっているわけではなく、また必ずしも鉄骨または鉄筋コンクリート造というわけではないところが、ソーシャルアパートメントと異なるところです。水周りやキッチンなどを備えた完全個室を確保しつつ、広めのラウンジのみを共有するケースや、水周り設備をすべてを共有するケースなど、共有の範囲が多様に渡っているのが特徴的です。物件によっては、共用部の清掃サービスが付いたり、英会話レッスンが付いたりなど、ソフト面の付加価値が付いているケースもあり、スケールメリットを享受したい人にオススメ。

ルームシェア

住居形態としては、『シェアハウス』と同様の賃貸物件となります。ただし、シェアハウスは、運営事業者が存在しているので、入居者の募集・ハウス内ルールの策定等は運営会社にて対応いたしますが、ルームシェアの場合は、個人で入居者を見つける必要があり、更に、空室リスクなども個人で責任を持たなくてはならないのが、シェアハウスと異なるところです。また、家具・家電等も個人で揃える必要があったりします。仲の良い友人同士であったり、同じ志・趣味を持った人同士で住みたい人などにはオススメ。

その他のシェア住居

シェアハウスは、まだ発展途上の領域であり、今後上記のケースに該当しないタイプが登場することが予想されます。そのときは、改めてご紹介したいと思います。

ページTOPへ戻る