【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスと定期賃貸借契約

※上記画像は、イメージ画像となりまして、本内容とは一切関係ありません。



シェアハウスの契約形態についてご存知でしょうか。
シェアハウスの契約は一般賃貸と異なります。それを知らないまま契約してしまい、トラブルに発展してしまうケースもあるようですので、事前にチェックしておきましょう。




シェアハウスの契約形態

一般賃貸の契約は「普通賃貸借契約」という契約形態が多く、シェアハウスは「定期借家契約」が一般的です。それぞれの契約内容をまとめましたので一般賃貸との違いを把握してみてください。


<一般賃貸>

契約形態名:普通賃貸借契約
契約期間 :1年以上だが、2年に定められていることが多い。
      1年未満の場合は、期間の定めがない賃貸契約とみなされる。
契約更新 :契約更新あり。正当な事由がない限り、自動更新される。
中途解約 :可能。中途解除に関する特約があればそれに従い手続きを行う。
賃料改変 :可能。特約等に関わらず、貸主が自由に改変できる。


<シェアハウス>

契約形態名:定期家借家契約
契約期間 :1年未満が多い。3か月~2年程度。
契約更新 :契約更新なし。期間満了に伴い契約は終了。双方合意の上で、再契約可能。
中途解約 :基本的に不可能。ただし、床面積が200㎡未満の住居用建物で、
      特約がなくても法律により、中途解除できるケースがある。
      また解除はできても、家賃は契約満了日まで払う必要があるケースもある。
      ※法律的には厳しめですが、実際は中途解約条項が契約書に定められており、
      可のケースが多いです。
賃料改変 :基本的に不可能。特約の定めにより、改変できる場合もある。




定期借家契約で注意すべきこと

シェアハウスでよく採用される契約形態である「定期借家契約」ですが、気をつけておくべきポイントが3つありますので、確認しておきましょう。


<注意すべきこと①最低入居期間>

シェアハウスの場合、契約期間は物件により様々です。最初は3ヵ月契約で、その後は1年契約に変更する場合もあれば、2年と長い場合もあります。 そのような契約期間とは別に、あらかじめ「最低でも3か月は入居してください」のように最低入居期間が定められていることがあります。そのような場合に途中退去する際は注意が必要です。

例えば最低入居期間が3か月と定められいるとします。しかし1ヵ月で退去した場合は、残りの2か月分の家賃を請求されることがあります。

最低入居期間を設けている場合はあまりありませんが、後々請求されても困りますので、最低入居期間については事前に確認しておきましょう。


<注意すべきこと②再契約>

定期借家契約では、契約更新がないとお話しましたが、契約期間で必ず退去するわけではありません。借主と貸主の双方が納得することで再契約を結ぶことで継続的に入居することができます。

自動更新はできないので、契約期間ごとに再契約を結ばなければいけないということもあり、事務手続きが少し面倒かもしれません。しかし自動更新ができないことで、悪質な入居者を早めに退去させることができるというメリットもあります。


<注意すべきこと③退去についての特約>

退去については、物件ごとに特約で定められていることが多いです。シェアハウスのよくあるトラブルは、退去時に起きます。

「デポジットの返金がある契約なのに、返金がない」
「契約期間分の残りの家賃を請求された」

注意すべきこと①でもご紹介しましたが、退去に関するルールを最初に確認しないため、退去時にトラブルが起きているようです。

「退去日の申告は○○ヵ月前まで」「デポジットの返金はクリーニング費用が掛からない場合のみ」など、退去に関する特約に詳しく掲載されていますので、必ずチェックしておきましょう。またよく分からない場合は、事前に運営会社にお問い合わせしておくこともオススメです。

契約書面すべてに目を通すことは大変かもしれませんが、後々トラブルがないようしっかり熟読してから印鑑を押すようにしましょう。

vol 001

SHARE PARADEで失敗のないシェアハウス探しを

シェアハウスと一般賃貸物件の探し方との違いや、失敗しないシェアハウスの探し方をご案内致します。

vol 002

シェアハウスの種類ってどんなものが?タイプ別のメリット・デメリットとは?

ソーシャル型シェアハウスから起業家限定など目的型シェアハウスなど多様化が進むシェアハウス。シェアハウスの概要からメリット・デメリットをご紹介。

vol 003

失敗談から学ぶシェアハウスの選び方

一般賃貸と違い、シェアハウスは、立地と価格、そして設備や環境だけでは、なかなか選べないもの。シェアハウスは共同生活ですから、そこも加味して選ぶ必要があります。

vol 004

シェアハウスの生活設備について

快適な生活が送れるよう、契約前に必ず設備についてチェックし、また入居時に何を持ち込めばいいのか事前に把握しましょう。

vol 006

シェアハウス選びのポイント~物件写真~

内覧に行くと「写真の雰囲気とちょっと違うな」と感じることがあります。オープニングの時に撮影しているので、写真と実物のGAPが生じます。

vol 007

シェアハウス運営会社について

物件を選ぶことも大事ですが、それと同じくらい運営会社を選ぶことも大事です。良質な運営会社を見極めるポイントをご案内します。

vol 008

シェアハウスのルール

シェアライフを円滑にするために、シェアハウスでは運営会社やオーナーがルールを設けています。では、どのようなハウスルールがあるのか一例をご紹介します。

vol 009

シェアハウスの掃除事情

シェアハウスでは、掃除を入居者同士で行ったり、清掃業者が行ったりします。

vol 010

シェアハウスのセキュリティ・防犯事情

シェアハウスって安全なの?女性としては、結構気になるのがセキュリティのサービスレベル。シェアハウスの防犯事情について説明します。

vol 011

シェアハウスとお問い合わせ・内覧方法

シェアハウスの内覧方法についてまとめましたので、気に入った物件を見つけた方はぜひ内覧してみてください。

vol 012

シェアハウスで必要なものとは?

シェアハウスにて用意されている備品・日用品のご紹介と引っ越す前に自分で用意すべき備品をご紹介します。

vol 013

シェアハウスと冷蔵庫

今回は、シェアハウスと冷蔵庫について記述したいと思います。冷蔵庫を空けたら、楽しみにしていたプリンがなくなっている!なんてことが起こってしまうのがシェアハウス。気をつけるポイントとは?

vol 014

シェアハウスと騒音

内覧の時には、あまり気にならないかもしれませんが、住むと“音”はとてもセンシティブな問題に発展するケースがあります。

vol 015

シェアハウスの家具・家電~テレビ編~

シェアハウスでの生活の中で、観たい番組を観たい時に観れるのでしょうか?テレビ重視の方にチェックポイントをお伝えします。

vol 016

シェアハウスのインターネット環境について

シェアハウス内でのインターネット環境はどうなっているのか?PCのヘビーユーザーであれば、気になるポイントかと思われます。

vol 017

シェアハウスの収納事情

シェアハウスの収納って、少ない?それとも十分?また、シェアハウスならでは気にすべき収納のポイントとは?そんな疑問にお答えいたします!

vol 018

シェアハウスのお風呂事情

シェアハウスでの生活は、一人暮らしとは違うので、入りたいときにバスルームに入れないことがあります。バスタイムに関するルールとかあるの?バッティングしたらどうするの?そんな質問にお応えいたします。

vol 019

シェアハウスと家具・家電

シェアハウスの魅力の一つとして、家具・家電が付いていることが上げられるかと思います。ただ、物件によって差があるので注意が必要です。

vol 020

シェアハウスのお部屋タイプ

シェアハウスには様々なタイプのお部屋があります。お部屋のタイプによって、収納スペースや入居者との関係、生活様式など大きく変わります。

vol 021

シェアハウスと引越し

シェアハウスへのお引越しは、キャリーバック一つで出来る?やや極端な表現ではありますが、一般賃貸よりかは、気軽に移動が出来るようです。

vol 022

シェアハウスにかかる初期費用

シェアハウスは、ワンルーム賃貸に比べて初期費用が安い?シェアハウスの初期費用についてご案内します。

vol 023

シェアハウスと共益費

シェアハウスの共益費に含まれていること、共益費のメリットについてご紹介します。

vol 024

シェアハウスの契約~定期借家契約~

定期賃貸借契約。シェアハウスの契約で一般的に使用されている契約形態ですので、その概要についてご説明致します。

vol 025

シェアハウスとイベント

シェアハウスでは、どんなイベントが催しされているのでしょうか?

vol 026

絶対に住んではいけないシェアハウスの特徴

何も知らず入居してしまうと、トラブルや事件に巻き込まれることも。「こんなはずではなかった・・・」と後悔しないためにも、契約前に今からご紹介する4つの注意点をチェックしておきましょう。

ページTOPへ戻る