【東京】女性向けシェアハウスポータルサイト『SHARE PARADE』

シェアハウスとは?

※上記画像は、イメージ画像となりまして、本内容とは一切関係ありません。



恋愛リアリティーショー番組「テラスハウス」で有名になり、近年新しい住居として定着しつつある「シェアハウス」。 知らない人と一つ屋根の下で生活をする、いわゆる共同生活の住居スタイルを指します。

ただ、一口に「シェアハウス」と言っても、様々なタイプのシェアハウスがあることをご存知でしょうか。 テラスハウスのように、同じ部屋に2段ベットがあるような物件タイプはドミトリーと呼ばれ、1Kタイプのように水回りが揃った個室と豪華な共有スペースがある物件タイプはソーシャルアパートメントと呼ばれています。




多様化するシェアハウス

シェアハウスは前述の通り、一軒家の水周りやリビングなどを複数人でシェアして生活する賃貸物件です。ラフに言うと、昔ながらの下宿を現代版にした感じです。
戸建てタイプ・区分マンション型タイプ・ペントハウスを改装したタイプ、また新築物件やリノベーション物件など多様なバリエーションがあります。 敷金・礼金・保証人などが不要なケースが多く、また家具・家電が設置されているため、初期費用を抑えたい人にオススメ。

シェアハウスの醍醐味である交流を楽しめる物件は多くありますが、プライベート重視の物件もあるので、自分のライフスタイルに合わせてシェアハウスを選ぶと良いかと思います。



ソーシャル型シェアハウス

詳細、後日



コスパ型シェアハウス

詳細、後日



目的別型シェアハウス

詳細、後日



ゼロコミュニティ型シェアハウス

詳細、後日



貧困型シェアハウス

詳細、後日



地域活性型シェアハウス

詳細、後日



シニア型シェアハウス

詳細、後日




シェアハウス以外のシェア住居

シェアハウスでありながら、シェアハウスとは言わない形態のシェア住居が存在します。その最もたるのが、ルームシェア。ルームシェアとシェアハウスは何が違うのでしょうか?また、他にもどんなシェア住居があるのかご紹介したいと思います。



ルームシェア

住居形態としては、『シェアハウス』と同様の賃貸物件となります。ただしシェアハウスは、専門の運営会社が存在しているので、入居者の募集・ハウス内ルールの策定等は運営会社が主導します。
一方、ルームシェアの場合は、個人でルームメイトを見つける必要があり、更に空室リスクなども各個人で責任を持たなくてはならないのが、シェアハウスと異なるところです。また、家具・家電等も個人で揃える必要があり、最初の負担が大きいです。

仲の良い友人同士、同じ志・趣味を持った人同士で住みたい人などにはオススメです。



ソーシャルアパートメント

建物内に入居者同士が集うラグジュリーなラウンジが付帯したワンルームマンション。鉄骨または鉄筋コンクリート造のため、一軒家シェアハウスよりも高いプライバシーがあるものの家賃は少し高め。
「自分の時間・空間をしっかりと確保しながら、+αとして様々な人との交流を楽しみたい」 「ワンルームだと少し窮屈、だけど1LDKよりは家賃を抑えたい」 という人などにオススメです。

多様な世代・属性・国籍な方が入居しているので、ラウンジでのコミュニケーションから新しい発見や可能性に出会えるかもしれません。他に“ソーシャルレジデンス”や“ソーシャルマンション”と呼ばれることもあります。



シェアアパートメント

住居形態としては、『ソーシャルアパートメント』と類似の賃貸物件となります。ただし広めのラウンジがあっても、それが必ずしもラグジュアリーな空間となっているわけではなく、また必ずしも鉄骨・鉄筋コンクリート造というわけではないところが、ソーシャルアパートメントと異なるところです。
洗面などの水回りの付いた完全個室を確保しつつ、広めのラウンジのみを共有するケースや、水周り設備全てを共有するケースなど、共有の範囲が多様に渡っているのが特徴的です。

物件によっては、英会話レッスンが付くなどのソフト面の付加価値が付いているケースもあり、スケールメリットを享受したい人にオススメ。




シェアハウスのメリット・デメリット

いざシェアハウスに住むとなると、他人と共同生活をするわけですから、いろいろと不安要素があると思います。シェアハウスのタイプが同じでも、入居者の人数で生活様式が大きく異なります。

そこでシェアハウスのメリット・デメリットをシェアハウスの規模ごとにまとめてみましたので、自分が向いている規模はどれくらいなのかチェックしてみてください。

まずは規模に関係なく、シェアハウスに共通するメリットをお話します。



シェアハウスのメリット①初期費用が抑えられる

シェアハウスのメリットはなんといっても初期費用がかなり抑えられることです。 一般賃貸物件と違い、仲介手数料や敷金・礼金がかからないので、初期費用はかなり抑えられます。また、家具・家電が最初から付いていることも大きいでしょう。
※初期費用について詳しく知りたい方はこちらから。



シェアハウスのメリット②引越しが簡単

前述の通り、多くのシェアハウスでは家具・家電がついているため、極論スーツケース1つで入居可能です。 そのため荷物が多少あっても、引っ越し業者を使わなくても、宅配便で簡単に引っ越しができてしまいます。

引越し費用が抑えられる他、3か月などの短期での契約をしても、退去時に家電処理をしなくてよく、非常に便利です。



シェアハウスのメリット③セキュリティ対策がしっかりしている

一部のシェアハウスには管理人が在住していたり、防犯カメラ・ホームセキュリティがついていたりセキュリティ面がしっかりしていることが多いです。 それに一人暮らしとは違い、誰かが常に家にいるわけですから、人の目でのセキュリティもあります。
一人暮らしでセキュリティを重視してしまうと、高額な家賃になりがちですが、シェアハウスではその心配はありません。



シェアハウスのメリット④様々な人と交流ができる

性別・年代・国籍を超えて様々な人が一つ屋根の下で生活をしています。 学校や会社では知り合えないような人との出会いがあるため、自分が知らなかった世界を知ることができます。
また、入居者の出身都道府県や国が様々なので、その土地の料理・言語・価値観・習慣を教わることができ、自分の視野が広がったり、スキルが向上したりします。



シェアハウスのメリット⑤助け合いながら生活できる

風邪をひいたとき、大きな地震があったとき、重い荷物を運ぶときなど、何か困りごとがあった際ルームメイトに助けを求めることができるのもシェアハウスの魅力の1つです。
1人暮らしで何かトラブルがあっても、基本的に1人で解決していかなくてはいけません。 初めて一人暮らしをする際、多くの人は寂しさやストレスで鬱になりやすいそうです。しかしシェアハウスではそういった心配はないので、初めて上京する学生や社会人にはとてもオススメです。




大規模シェアハウスのメリット・デメリット

次に大規模シェアハウスならではのメリット・デメリットをご紹介します。



大規模シェアハウスのメリット①友人が増える・人脈が広がる

大規模シェアハウスは30~100人程度のルームメイトと住みます(中には200人以上の物件もあります)。人数が多い分、それだけ友人が増えます。また大規模シェアハウスでは友人を自由に呼べることが多いため、ルームメイト以外の人との出会いもあります。Facebookの友人の数が劇的に増えそうですね。



大規模シェアハウスのメリット②イベント開催が多い

入居人数が多いこともあり、運営スタッフの方が入居者同士のコミュニケーションの場を作るために、イベントや誕生日パーティーなどを開催してくれます。ある運営会社では、物件対抗のフットサル大会を開催したり、10物件合同のスキー・スノボーツアーを企画してくれたりするところもあります。



大規模シェアハウスのメリット③一人暮らしでは買えないような家具・家電が使える

広々としたラウンジが特徴的で、内装がカフェ風だったり、ホテルのラウンジのようになっていたり、様々なコンセプトで作られています。 その特徴的なラウンジには、高額な美顔器やプロジェクター、また海外から取り寄せた人をダメにする快適ソファなど一人暮らしでは買えない家具・家電が揃っています。更に、料理する人には嬉しいヘルシオや業務用キッチンが完備していることもあります。

ボルダリングやフィットネスジム、ビリヤード、さらに音楽スタジオなど、+αな共有スペースがあることも多く、一人暮らしとは違う豊かな生活を送ることができます。



大規模シェアハウスのメリット④運命の人に出会えるかも!?

ほとんどの大規模シェアハウスは男女共用です。 となると恋愛はつきもの。なかには結婚した入居者もいます。シェアハウスで出会い、結婚し、ルームメイトに祝福されながら見送られる。とても幸せですね。

もしかしたらあなたもシェアハウスで運命の人と出会えるかもしれません。
※シェアハウスで出会い結婚したカップルのインタビューはこちらから。



大規模シェアハウスのメリット⑤食事に困らない

多くの物件では、「どこかのレストランなのか!」と思うくらい広いキッチンが備え付けられているため、料理好きが集まることが多いです。 大抵誰かが料理を作っているため、食事をシェアしたり、料理を教わったりすることができ、食事には困りません。

料理が苦手な人も、退去する頃にはシェフ並みに上達してるかも!?



大規模シェアハウスのメリット⑥自分の時間を作りやすい

個室と共有スペースがはっきり分かれているため、自分の時間と誰かとシェアする時間を区別しやすいです。 また、ラウンジを通らなくても個室に行けるように設計されていることが多く、無理に人と会う必要がありません。

一人の時間を確保しやすい環境なので、ストレスフリーで生活しやすいです。




大規模シェアハウスのデメリット①共有スペースが汚れていることがある

物件にもよりますが、週3〜5回専門業者による清掃が行われます。
定期的に清掃があるので一見清潔に保ちやすいと思われますが、「誰かが掃除してくれる」という雰囲気があるため、汚しても清掃が入るまで放置されることがしばしばあります。また人数が多いため、汚している人を特定するのが難しいです。



大規模シェアハウスのデメリット②音が気になる

様々な人が住んでいるため、生活習慣はばらばらです。そのため早めに就寝する方もいれば、深夜に帰宅する方もいます。
生活リズムが違うため、入居者の生活音などが気になることも。また、イベント時も参加すれば問題ないですが、参加しない時は少し騒音が気になるかもしれません。



大規模シェアハウスのデメリット③苦手な人がいる

多くの人がいるということは、好きな人もいれば苦手な人もでてくるでしょう。 一緒に生活しているため、苦手な人を100%避けることは難しく、共有スペースなどで時々会ってしまいます。



大規模シェアハウスのデメリット④共有スペースから自分の部屋までが遠い

大規模シェアハウスでは、1階が共有スペース、2階以降が個人スペースになっていることが多いです。 そのため上階に住んでいる人ほど共有スペースまで遠く、また基本的には階段での移動になるため共有スペースに行くことが億劫になるかもしれません。




小規模シェアハウスのメリット・デメリット

最後に小規模シェアハウスのメリット・デメリットをご紹介します。



小規模シェアハウスのメリット①適度な静けさ

同じ時間にリビングに大人数が集まることはあまりなく、部屋での滞在時間が長いことが多いです。 そのため騒音トラブルなどは少なく、比較的落ち着いて生活できます。平日は誰にも会わず、週末に久々にリビングで会うということもあります。



小規模シェアハウスのメリット②女性専用物件が多い

小規模物件では女性専用であることが多いです。男性にすっぴんは見せられない!など異性との共同生活に抵抗がある方にオススメです。また少数ではありますが、男性専用物件もあります。



小規模シェアハウスのメリット③清潔感のある共有スペース

当たり前のことですが、一人一人が「使ったらキレイにする」ことを意識して生活しています。

お互いが顔見知りということもあり、共有スペースを誰が使っていたかをある程度把握でき、清掃してない人が分かってしまうため、大規模シェアハウスよりもキレイにする意識は強くなります。



小規模シェアハウスのメリット④共益費が抑えられる

シェアハウスには家賃とは別に、共益費というものが毎月かかります。これには水道光熱費やネット代や消耗品費、管理費などが含まれます。大規模物件は小規模物件に比べると管理費が若干高くなるため、費用を抑えたい方は小規模がオススメです。

<平均共益費>
小規模物件:8,000〜12,000円
大規模物件:13,000〜18,000円




小規模シェアハウスのデメリット①苦手な人がいるとうまくいかない

入居者との距離が近いというのはメリットにもなりますが、苦手な人がいる場合はデメリットになることも。 大規模だと苦手な人とある程度距離を保つことができますが、小規模だとそれが難しくストレスに感じるかもしれません。



小規模シェアハウスのデメリット②交流が少ない

大規模シェアハウスのように運営会社スタッフが入居者同士の交流を促すようなことはあまりしないため、自主的に交流しなくてはいけません。 イベントを提案してくれる人がいれば問題ありませんが、お仕事が忙しいとなかなか時間が割けないため、パーティーは少ないかもしれません。



小規模シェアハウスのデメリット③お風呂・トイレの使用時間がかぶる

お風呂・トイレは各階に1つずつ設置されていることが多いです。5〜6人程度で1箇所をシェアするため、使用時間がかぶることもしばしば。



大規模にも小規模にもそれぞれメリット・デメリットがあります。自分のライフスタイルに合った規模のシェアハウスを選べると良いですね!

vol 001

SHARE PARADEで失敗のないシェアハウス探しを

シェアハウスと一般賃貸物件の探し方との違いや、失敗しないシェアハウスの探し方をご案内致します。

vol 002

シェアハウスの種類ってどんなものが?タイプ別のメリット・デメリットとは?

ソーシャル型シェアハウスから起業家限定など目的型シェアハウスなど多様化が進むシェアハウス。シェアハウスの概要からメリット・デメリットをご紹介。

vol 003

失敗談から学ぶシェアハウスの選び方

一般賃貸と違い、シェアハウスは、立地と価格、そして設備や環境だけでは、なかなか選べないもの。シェアハウスは共同生活ですから、そこも加味して選ぶ必要があります。

vol 004

シェアハウスの契約前に

気に入った物件があれば、契約するかと思いますが、その前に日常生活に不便を感じるポイントに関しては事前にチェックをしておきたいところです。

vol 005

写真と実際のシェアハウスとのGAP

シェアパレードに掲載されている写真は、キレイなものが多いです。それはそのはず、オープン前に撮影しているのですから。オープンから1年経過すると大部、物件の雰囲気が変わるので、要チェックです。

vol 006

写真と実際のシェアハウスのGAP

実は、オープニング物件でも写真と実際のシェアハウスにGAPが起きることがあるのです。それは、写真映えする物件と写真映えしない物件があるからです。どんな特徴をもった物件が写真映えするのか?

vol 007

シェアハウス運営会社

物件を選ぶことも大事ですが、それと同じくらい管理会社を選ぶことも大事です。どういったシェアハウスの管理会社であれば、安心が出来るのか?そのポイントについて記述したいと思います。

vol 008

シェアハウスとルール

シェアライフのルールは、物件毎に異なっています。ルールが厳しく設定されているところもあれば、かなり自由なところがあります。どういったルールがあるのか事前にチェックしたいところですね。

vol 009

シェアハウスと掃除

シェアハウスの個室部分は、自分で掃除するのはあたりまえだと思いますが、共用部分の掃除は誰がどのように実施するのか?そんな素朴な疑問にお答えいたします。

vol 010

シェアハウスのセキュリティ・防犯事情

シェアハウスって安全なの?女性としては、結構気になるのがセキュリティのサービスレベル。シェアハウスの防犯事情について説明します。

vol 011

シェアハウスとお問い合わせ・内覧方法

シェアハウスの内覧方法についてまとめましたので、気に入った物件を見つけた方はぜひ内覧してみてください。

vol 012

シェアハウスで必要なものとは?

シェアハウスにて用意されている備品・日用品のご紹介と引っ越す前に自分で用意すべき備品をご紹介します。

vol 013

シェアハウスと冷蔵庫

今回は、シェアハウスと冷蔵庫について記述したいと思います。冷蔵庫を空けたら、楽しみにしていたプリンがなくなっている!なんてことが起こってしまうのがシェアハウス。気をつけるポイントとは?

vol 014

シェアハウスと騒音

今回は、シェアハウスと騒音について記述してみたいと思います。内覧の時には、あまり気にならない部分かもしれませんが、実際に住んでみると音というはとてもセンシティブな問題に発展するケースもあります。

vol 015

シェアハウスの家具・家電~テレビ編~

シェアハウスでの生活の中で、観たい番組を観たい時に観れるのでしょうか?テレビ重視の方にチェックポイントをお伝えします。

vol 016

シェアハウスのインターネット環境について

シェアハウス内でのインターネット環境はどうなっているのか?PCのヘビーユーザーであれば、気になるポイントかと思われます。

vol 017

シェアハウスの収納事情

シェアハウスの収納って、少ない?それとも十分?また、シェアハウスならでは気にすべき収納のポイントとは?そんな疑問にお答えいたします!

vol 018

シェアハウスのお風呂事情

シェアハウスでの生活は、一人暮らしとは違うので、入りたいときにバスルームに入れないことがあります。バスタイムに関するルールとかあるの?バッティングしたらどうするの?そんな質問にお応えいたします。

vol 019

シェアハウスと家具・家電

シェアハウスの魅力の一つとして、家具・家電が付いていることが上げられるかと思います。ただ、本当に充分な数量・容量が確保されているのか、事前にチェックしたいですね!

vol 020

シェアハウスとお部屋

シェアハウスのお部屋って、様々なタイプがあるってご存知ですか?家具付きのお部屋があったり、家具なしのお部屋があったり。水回りつきのお部屋があったり、家庭菜園付きのお部屋があったりと、実はかなり多様なお部屋があるのです。

vol 021

シェアハウスと引越し

シェアハウスへのお引越しは、キャリーバック一つで出来る?やや極端な表現ではありますが、一般賃貸よりかは、気軽に移動が出来るようです。

vol 022

シェアハウスと初期費用

シェアハウスは、ワンルーム賃貸に比べて初期費用が安い?シェアハウスに必要な初期費用とは?などなど気になる初期費用について記述いたします。

vol 023

シェアハウスと共益費

シェアハウスの共益費に含まれていること、共益費のメリットについてご紹介します。

vol 024

シェアハウスと定期賃貸借契約

みなさん、定期賃貸借契約ってご存知ですか?恐らく、何ソレ?を思った方も多いかと思います。シェアハウスの契約で一般的に使用されている契約形態ですので、その概要についてご説明致します。

vol 025

シェアハウスとイベント

シェアハウスの楽しみの1つとして、入居者みんなが集まって楽しむイベントがありますよね。実際のシェアハウスでは、どんなイベントが催しされているのでしょうか?

vol 026

シェアハウス契約前の3つの注意点

契約をする前に、絶対にチェックしておきたい3つのポイントを紹介いたします。これを見逃してしまうと、入居後にとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性があるので、注意が必要です。

ページTOPへ戻る